写真

2020年10月19日 (月)

空に広がる波状雲(はじょううん)

 18日の夕方、空に波状雲が広がっていました。波状雲は、雲が連なったり、うねったりして、波のような形をしています。よく波状雲は地震雲と呼ばれたりしますが、雲がこのような形になるのは上空の大気の流れによります。大気の流れが波打って大気波が生じると、空気が上下に動き、波打った形の雲ができます。

波状雲
波状雲

 波状雲は大気の流れによってできるので、雲の形には関係がなく、巻積雲、巻層雲、高積雲、高層雲、層積雲、層雲などで生じます。この写真の波状雲の元の雲は高層雲でしょうか。

波状雲
波状雲

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

かなとこ雲が発生(2020年8月30日)|かなとこ雲はどんな雲

関東地区に見事な「かなとこ雲」が発生

 先週の日曜日(2020年8月30日)の夕方、買い物に出かけようとして玄関を出ると大空にキノコのような形の雲が浮かんでいました。

 かなとこ雲であることはすぐにわかったのですが、これほど見事なものを見る機会はそれほどないと思い、すぐに写真を撮り始めました。あまりにも横方向に広がっているので、パノラマモードで全体を撮影ました。

 別の雲がほとんど発生していないため、青空を背景とした圧巻の景色となりました。

かなとこ雲
かなとこ雲(2020年8月30日17:10頃)

「かなとこ雲」はどんな雲?

 かなとこ雲は積乱雲(入道雲)が巨大に発達したものです。積乱雲ができると、どんどん上空をめざして成長していきますが、大気圏内の対流圏と成層圏の境界付近の対流圏界面まで発達すると、それ以上は成長できなくなるため、横方向に広がっていきます。この形が鍛金の道具である「金床(かなとこ、英語:アンビル)」に似ていることから、かなとこ雲と呼ばれます。

金床(かなとこ)、英語:アンビル
金床(かなとこ)、英語:アンビル

 かなとこ雲になるような積乱雲が発生すると、非常に強い上昇気流のため、雲の下は悪天候です。雷の発生、どしゃ降りの雨、雹が降ることもあります。

「かなとこ雲」は最後にどうなる?

 対流圏界面は極地付近では約8,000メートル、赤道付近では17,000メートルぐらいの高さになります。日本付近は11,000メートルぐらいということですから、今回観測されたかなとこ雲も上空11 kmぐらいで広がっていることになります。

 積乱雲が対流圏界面より高いところまで成長できない理由は、積乱雲の上昇気流が成層圏に入り込むことができないからです。一方、上昇気流は下部からどんどん供給されるため、空気は雲と一緒に横に広がっていきます。

 30分ほどで買い物から帰ってきました。このとき撮影した写真です。雲はかなり横方向に広がっており、先端部分が巻雲になっています。どんどん横に広がり巨大化していくと、この部分から上昇気流が下降気流となるため、元の積乱雲の成長が弱まっていきます。

末期のかなとこ雲
末期のかなとこ雲(2020年8月30日17:45頃)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

Color Images|白黒写真をカラー写真にするアプリ

 昭和時代に撮影した白黒写真がたくさんあります。白と黒の諧調からなる白黒写真は味わい深いのですが、カラーだったらどんな写真に仕上がっていたのかも気になります。昔であれば、職人さんが白黒写真に色をつけていくのですが、今はAIで色をつけることができるソフトウェアが多数あります。スマホのアプリにもないかなと思って検索してみたところ、Color Imagesというなかなか優れもののアプリを見つけました。

Google Play Color Images

Colorimages

 カラー化したい白黒写真を選ぶだけでカラー写真ができあがります。何色なのかわからないものはAIが判断して着色しているのだと思いますが、ほとんど違和感がありません。

 試しに何枚かカラー化してみました。

まずは浅草の中店通りの親子の写真です。着物の色が本当かどうかわかりませんが、まったく違和感ありません。

Photo_20200828171801
浅草中店通りの親子(1964年頃)

 次は銀座の並木通り。これも看板が本当の色と比べてどうなのかわかりませんが、昭和の銀座っぽい看板の明かりに仕上がっているように思います。ショーウィンドウの中も、親子?2人も違和感なくカラー化されています。

Photo_20200828173801
銀座並木通り(1964年頃)

 他にも白黒写真がたくさんあるので、またアップします。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)