« 絵とき「光学」基礎のきそ (Electronics Series) | トップページ | Mac Book Pro 13 Late 2013でmacOS Big Sur 11.2.2にアップデート »

2021年2月24日 (水)

地球照とは

 月齢27から3ぐらいまでの大きく欠けた三日月や有明月をよく見てみると、月が欠けた部分に月の丸い姿がうっすらと見えるときがあります。これは地球が反射している太陽光が月の表面を照らしているために起こる現象で地球照といいます。

Photo_20210224103201
下弦の月の地球照

 月が大きく欠けて見えるとき、太陽光を反射して光っている月の表面の面積が小さくなります。また「月の満ち欠けの仕組み」の図からわかる通り、月から見える地球が満地球に近くなり地球から月にやってくる反射光が多くなります。そのため地球照が見えやすくなります。

 新月のときは月から見える地球が完全な満地球となり地球からの反射光が最大となりますが、新月は夜間に見ることができないので地球照も見ることはできません。月が新月の位置にあり、皆既日食が起きたときは地球照を見ることができます。

人気ブログランキングへ

|

« 絵とき「光学」基礎のきそ (Electronics Series) | トップページ | Mac Book Pro 13 Late 2013でmacOS Big Sur 11.2.2にアップデート »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵とき「光学」基礎のきそ (Electronics Series) | トップページ | Mac Book Pro 13 Late 2013でmacOS Big Sur 11.2.2にアップデート »