« 有機ELの仕組み | トップページ | 絵とき「光学」基礎のきそ (Electronics Series) »

2021年2月11日 (木)

Mac Book Pro 13 Late 2013にmacOS Big Sur 11.2をインストールしてみた

 2020年11月12日にリリースされたmac OS Big Sur 11ですが、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)およびMacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)がアップデートで起動不能になり文鎮化するという重篤な問題がありました。Appleは11月19日にこの2つのMac Book Proに対するBig Sur 11.0.1(20B50)のアップデートを一時的に停止しました。12月14日にBig Sur 11.1(20C69)がリリースされ、アップデートが再開されました。

 自分が使用しているMacBook Pro はまさにこの問題の対象となっているRetina, 13-inch, Late 2013です。11.1(20C69)のリリース後、何か情報が掲載されていないか国内外のサイトを検索してみましたが、未だ問題が発生する可能性も否定できないという見解のサイトが多数ありました。Mac Book Proが文鎮化すると多大な影響が出るためアップデートを見合わせることにしました。OSが壊れて起動しなくなるというのであれば再セットアップができますが、文鎮化すると何もできません。

 2021年2月1日の11.2(20D64)のリリース後、再びインターネットで情報を探してみましたが、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)での成功事例を見つけることができなかったので、もうしばらく様子を見ることにしました。その後も継続して情報を探していましたが、この問題が発生したという報告が次第に少なくなってきました。

 2月9日に11.2.1(20D74)がリリースされた時点でアップデートを決断し、問題が発生したときに備えるため、重要なデータをバックアップするなどの準備を行いました。2月10日の17:00頃からアップデートを開始しました。

 アップデートを開始すると、11.2.1(20D74)ではなく11.2(20D64)のダウンロードが始まりました。11.2.1(20D74)は差分なので11.2(20D64)が必要なのでしょう。

 ネットワーク環境にもよりますが11.2(20D64)のダウンロードには1時間以上かかりました。やがてアップデートが始まり、Macが再起動となりました。しばらく真っ暗な画面となり、かなり不安を感じましたが、Appleのロゴマークが表示されました。どやら文鎮化の問題は避けられたようです。ロゴマークの下にプログレスバーが表示され、その下に「あと29分」というようなメッセージが表示されました。

 あとはmac OSの起動を待つだけなので一安心と思っていたら、画面が真っ暗となりMacの背面のロゴのライトが消灯してしまいました。電源が落ちたのかと思って電源ボタンを押したところ、Macが起動しロゴマークが表示されました。さきほどと同様にプログレスバーが表示されましたが、今度は「あと○分」というメッセージは表示されませんでした。プログレスバーがある程度進んだところで、再び画面が真っ暗となり、ロゴのライトが消灯しました。今度は電源ボタンを押すことなく、しばらく待っていたところ、Macが起動を開始しました。同様にプログレスバーが表示され、また画面が真っ暗になります。どうやら再起動を繰り返しているようです。

 帰宅する時間になったため仕方がないので電源が落ちた状態でMacをカバンに入れました。ロゴとプログレスバーが表示されるので、帰宅したらSMCリセットやPRAMリセットをすると起動するのではないかと期待しつつも、これは駄目かもしれないと覚悟を決めました。

 およそ30分後、家に戻ってMacを開くと、電源を落としていたはずなのにログイン画面が表示されていました。ログインするとアップデートの作業が始まり、Macは問題なく立ち上がったのです。SMCリセットもPRAMリセットもしていません。

 再起動を繰り返すということはカーネルパニックなどの問題が起きてる状態と思いまいますが、再起動のたびに問題解決を試みていたのかもしれません。最初に再起動を繰り返したときに、そのまま放置していれば問題が解決されて起動できたのかもしれません。

 その後、11.2.1(20D74)のアップデートを行いました。ここでも数回再起動していましたが、Macに任せて放置しておいたところ無事にアップデートが終了しました。

 結果としてMacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)をmacOS Big Surにアップデートすることに成功しましたが、その過程はハラハラ・ドキドキするものでした。

 実際にアップデートをしたときに同じ状況になった人の参考になれば幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 有機ELの仕組み | トップページ | 絵とき「光学」基礎のきそ (Electronics Series) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コラム」カテゴリの記事

コメント

MacBook Air 2013 11inch でも11.2.2や11.2.3でも同じように再起動を4回ほど繰り返しなんとか起動しアクセス画面にたどり着いた、という感じで、必ずACアダプターはつけましょう。

投稿: Y | 2021年3月17日 (水) 04時32分

Yさん、追加の情報ありがとうございます。
アップデートのときも何度か行き詰まりそうな感じになりましたが、放置しておけば成功するようです。
ACアダプターは必須、できればバッテリーも十分に残っている状態が良いですね。

投稿: photon | 2021年3月19日 (金) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 有機ELの仕組み | トップページ | 絵とき「光学」基礎のきそ (Electronics Series) »