« 分光分析の幕開け(1)-炎色反応でナトリウムの輝線を発見 | トップページ | 分光分析の幕開け(2)-ニュートンのプリズム実験 »

2020年5月29日 (金)

相対性理論 (岩波文庫)  by アインシュタイン

相対性理論 (岩波文庫)

A. アインシュタイン (著), 内山 龍雄 (翻訳)

 アインシュタインの相対性理論に関する最初の論文です。この本の表題は相対性理論とありますが、特殊相対性理論について書いたものであり、原論文のタイトルは「動いている物体の電気力学」です。

Einstein, A.  “Zur Elektrodynamik bewegter Körper ",
Annalen der Physik 322 (10): 891-921(June 30, 1905).
原著論文(ドイツ語)
http://myweb.rz.uni-augsburg.de/~eckern/adp/history/einstein-papers/1905_17_891-921.pdf

 1905年にドイツの学術誌アナーレン・デア・フィジークの第17巻に掲載されました。20世紀始めの名著です。アインシュタインは、当時、光の媒質と考えられていたエーテルの存在を否定し、光速度不変の原理を導入します。それまで絶対的と考えれていた時間と空間が相対的なものとなりました。

アインシュタイン相対性理論.

内容(BOOK DB)

 時空概念を一変させたアインシュタイン(1879‐1955)の相対性理論。その考え方の基本はすべて、最初の論文「動いている物体の電気力学」に述べられている。この論文の邦訳に加え、一般読者の理解のために、原論文の論旨展開を忠実・平易に再現してた解説をほどこした。アインシュタインが創出した思考過程にそって相対論が理解できる得難い一冊。

文庫: 187ページ
出版社: 岩波書店 (1988/11/16)
言語 日本語
ISBN-10: 4003393414
ISBN-13: 978-4003393413
発売日: 1988/11/16
商品の寸法: 14.6 x 10.6 x 1.2 cm

目次

まえがき

A 動いている物体の電気力学

I. 運動学の部

同時刻の定義;長さと時間の相対性;静止系から、これに対して一様な並進運動をしている座標系への座標および時間の変換理論;動いている剛体、ならびに時計に関する変換公式の物理学的意味;速度の合成則

II.電気力学の部

真空中におけるマックスウェル・ヘルツの方程式の変換、磁場内にある物体の運動に伴って生ずる起電力の性質について;ドップラー現象および光行差の理論;光線のエネルギーの変換則、完全反射する鏡に与える輻射圧の理論;携帯電流がある場合のマックスウェル・ヘルツの方程式の変換;加速度が小さい場合の電子の力学

B 解説(内山龍雄)

用語説明

人気ブログランキングへ

|

« 分光分析の幕開け(1)-炎色反応でナトリウムの輝線を発見 | トップページ | 分光分析の幕開け(2)-ニュートンのプリズム実験 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相対性理論 (岩波文庫)  by アインシュタイン:

« 分光分析の幕開け(1)-炎色反応でナトリウムの輝線を発見 | トップページ | 分光分析の幕開け(2)-ニュートンのプリズム実験 »