« 透明なプラスチック(1) | トップページ | ヒッグス粒子の発見 »

2012年7月 3日 (火)

光の歴史―物理学の闇と天才たち

光の歴史―物理学の闇と天才たち (1977年)

遠藤 真二 (著)

これも既に古本しか手に入りませんが、光学の歴史に興味のある人は是非一冊持っていた方が良い本です。古代ギリシャから近代まで、人類の光への探究の歴史をまとめた一冊です。本の帯には下記のように書いてあります。ガリレオ、ホイヘンス、ヤング・・・たくさんの科学者の探究が紹介されています。

「波」か「粒子」か。アリストテレスからデカルトへ、ニュートンからアインシュタインへと、光の本性にせまる科学者のたたかいを行き行きと描き出す。

光の歴史―物理学の闇と天才たち

出版社: 東京図書 (1977/03)
ASIN: B000J8X5Z0
発売日: 1977/03
商品の寸法: 19.4 x 13.6 x 1.8 cm 184ページ

 

人気ブログランキングへ

| |

« 透明なプラスチック(1) | トップページ | ヒッグス粒子の発見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光の歴史―物理学の闇と天才たち:

« 透明なプラスチック(1) | トップページ | ヒッグス粒子の発見 »