« 書籍版エンサイクロペディア・ブリタニカの出版が終了 | トップページ | 全日本中学高校Webコンテスト 函館中部高校が「光と色の不思議な世界」で金賞 »

2012年3月22日 (木)

光る寿司 遺伝子組み換えでバイオルミネッセンス

ROCKET NEWS 24 より

米国で「光る寿司」というのが話題になっているそうです。

この見出しを見て、自分は直感的に次のような「光る氷」のように寿司にLEDでも仕込んだのかなと思いましたが、予想はまったく外れていました。

光る氷

 

 「光る氷」は氷の形をした透明プラスチックの中にLEDを仕込んだものです。グラスに氷と一緒にグラスに入れるなどすると、光るウィスキーなどを作ることができます。

 「光る寿司」も何かそのような仕掛けなのかなと思ったのですが、まったく違うものでバイオルミネッセンス(生物発光)を利用したものでした。

 しかも、ネタに使われている魚はホタルイカなどのように自然に存在する生物ではなく、ゼブラフィッシュという熱帯魚を遺伝子操作で光るようにしたグローフィッシュと名付けられた魚のようです。

 このグローフィッシュは元々は環境汚染のモニタリングに作られた魚のようで、河川が汚れると光を出すように作られたそうです。光を出すという特徴から観賞用の熱帯魚としても人気があったようです。

 「光る寿司」というのはこのグローフィッシュを寿司ネタにして食べてしまおうという発想です。面白そうですが、食べたくないなというのが感想です。

Glowing Sushi Cooking Show Trailer

人気ブログランキングへ

|

« 書籍版エンサイクロペディア・ブリタニカの出版が終了 | トップページ | 全日本中学高校Webコンテスト 函館中部高校が「光と色の不思議な世界」で金賞 »

光のおはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光る寿司 遺伝子組み換えでバイオルミネッセンス:

« 書籍版エンサイクロペディア・ブリタニカの出版が終了 | トップページ | 全日本中学高校Webコンテスト 函館中部高校が「光と色の不思議な世界」で金賞 »