« 皆既月食はなぜ赤く見えるのか 月食の仕組み(2) | トップページ | 半影月食 皆既月食 部分月食 月食の仕組み(1) »

2011年12月14日 (水)

月の満ち欠けの仕組み

 月は地球のまわりを約27.3日かけて1周しています。これを月の公転といいます。地球自身も動いているため、月の満ち欠けの周期は29.5日になります。

 次の図は地球の北極側から月の公転の様子を描いたものです。太陽のある側の月の表面が光を反射して明るくなります。

 月が満月の位置にあるときは、地球から見える月の表面全体に光があたりますので、月全体が光り輝いて見えます。

 月が新月の位置にあるときは、地球から見える月の表面全体に光はあたりませんので、月は見えません。

 その他の位置では、地球から見える月の表面の一部分にしか光があたりませんので、三日月に見えたり、半月に見えたりします。

月の満ち欠けの仕組み
月の満ち欠けの仕組み

 皆既日食は月が新月の位置にあり、太陽が月ですっぽりと隠されてしまう状態のことです。

 また、皆既月食は月が満月の位置にあり、月が地球の影ですっぽりと隠されてしまう状態のことです。

人気ブログランキングへ

【関連記事】

 

| |

« 皆既月食はなぜ赤く見えるのか 月食の仕組み(2) | トップページ | 半影月食 皆既月食 部分月食 月食の仕組み(1) »

光のおはなし」カテゴリの記事

自然現象」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月の満ち欠けの仕組み:

« 皆既月食はなぜ赤く見えるのか 月食の仕組み(2) | トップページ | 半影月食 皆既月食 部分月食 月食の仕組み(1) »