ようこそ!「光と色と」へ

本サイトの「光学」と「色彩」に関する情報を掲載したサイトです。

コンテンツはサイト内検索が可能です。






「光と色と」の別館「光と色と THE NEXT」を新設しました

科学の思考実験を解説「思考実験の科学史」を新設しました

プライバシーポリシー

ココログピックアップで紹介されました(2020年9月9日)

ココログピックアップ

| |

2024年3月28日 (木)

ニュートンプレス 光と色の科学 (超絵解本シリーズ)

超絵解本 身近な謎,光の正体をときあかす! 光と色の科学 (超絵解本シリーズ)

 ニュートンプレスの超絵解本シリーズの「光と色の科学」です。ニュートンプレスは光と色に関する解説本を過去にも何度か出版していますが、この本は最新の科学の知識をもとにまとめなおしたものです。とは言え光や色の原理は普遍的なもので多くの現象が既に解き明かされていますから何か大きな新発見が取りあげられているわけではありません。光と色について身近な事例や身近なものを題材に解説した本です。

 光と色の知識をお持ちの方であればタイトルを見ただけで、光と色のどんな現象を解説しているか想像がつくと思います。

超絵解本 身近な謎,光の正体をときあかす! 光と色の科学 (超絵解本シリーズ)

説明

私たちにとって「光」は当たり前の存在かもしれません。
ふだん,とくに光について意識することもないでしょう。

しかし,私たちが物を見ることができるのも,
さまざまな色のちがいを感じることができるのも,
私たちの目が光を受け取っているからなのです。

しかし,目に見える光だけが光のすべてではありません。
X線や電波など,身のまわりにはたくさんの光(電磁波)であふれています。
光の性質を利用して,物を温めたり,情報を運んだりすることもできます。

この本では,光のしくみについてわかりやすく解説してあります。
神秘的な光の世界をぜひお楽しみください。

目次

プロローグ

  • 私たちのまわりには光の現象があふれている

1 光は曲がる わかれる

  • 太陽の光には,無数の色の光が含まれている
  • 色のちがいは光の「波長」のちがい
  • 目に見えるものだけが光ではない
  • 水にさしこむ光は,なぜ曲がる?
  • ダイヤモンドの中の光は40%に減速する
  • ルーペで物が大きく見えるのはなぜ?
  • 眼鏡をかけると,よく見えるのはなぜ?
  • カメラで写真がとれるしくみ
  • 色がちがう光はガラスの中での速さもちがう
  • 凸レンズで光を完全に1点に集めるのはムリ
  • 虹はなぜ7色にわかれて見える?
  • 逃げ水は,空気で屈折した光
  • 夜空の星は見ている方向にはない
  • コーヒーブレーク 雷はなぜジグザグに進むのか

2 光ははねかえる 重なる

  • 鏡に自分が映るのはなぜだろう?
  • 物は光を四方八方に反射している
  • 水もガラスも鏡になることができる
  • コーヒーブレーク 全反射で美しく輝くダイヤモンド
  • 気持ちのいい青空は光の散乱のおかげ
  • 夕焼け空が青ではなく,赤い理由
  • コーヒーブレーク 火星の夕焼けと朝焼けは青い
  • シャボン玉の色は,どうやってできる?
  • 虹色に輝く生き物たちの秘密
  • 照明を消すとすぐ暗くなるのはなぜ?
  • コーヒーブレーク 海の青さと空の青さのちがい

3 光は色を伝える

  • 3色の光がすべての色の光をつくる
  • 光の線自体に色があるわけではない
  • 目の奥にある赤・緑・青のセンサー
  • 葉っぱが緑に見えるのは,反射した光の色のせい
  • 色の3原色は“引き算”で考えよう
  • ルビーとサファイアは“親戚”のようなもの
  • トリの見る世界は,ヒトよりもあざやか?
  • コーヒーブレーク 天才画家たちが生みだした独特な色づかい

4 光の正体にせまる

  • すき間の先で広がって進む光
  • 光が「波」であると証明した実験
  • 紫外線もX線も,みんな「電磁波」
  • 光は自然界で最も“足がはやい”
  • 光速は歯車の実験でだいたいわかった
  • 光の正体をにぎるのは「磁石」
  • 電気と磁気はよく似ている
  • コイルに電気を流すと磁場ができる
  • 磁石をコイルに近づけると電場ができる
  • 電場と磁場は鎖のようにつながっていく
  • 電磁波は,エネルギーを運ぶ
  • 電磁波は,波長が短いほど振動数が高い
  • 光は単純な波ではない!
  • 光が物を動かすことができる?

5 光(電磁波)の性質を利用する

  • 電子レンジで食べ物が温まるのはなぜ?
  • 私たちの体からは赤外線が出ている
  • 赤い星や青い星があるのはなぜ?
  • いろいろな色で輝く花火
  • 軌道を移るときに光を出す電子
  • 透明な物質とほかの物質のちがい
  • 光触媒が発揮するクリーニング効果
  • コーヒーブレーク オーロラは原子の“興奮”がおさまるときの光
  • 省エネで明るいLED電球のしくみ
  • レーザー光は,波のそろった光
  • DVDなどでレーザー光が活躍
  • 光で情報を伝える光ファイバー
  • コーヒーブレーク これまでのレーザーをこえる究極のレーザー


登録情報

出版社 ‏ : ‎ ニュートンプレス (2023/8/16)
発売日 ‏ : ‎ 2023/8/16
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 144ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4315527300
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4315527308
寸法 ‏ : ‎ 1.2 x 14.8 x 21 cm



超絵解本 身近な謎,光の正体をときあかす! 光と色の科学 (超絵解本シリーズ)

超絵解本 身近な謎,光の正体をときあかす! 光と色の科学 (超絵解本シリーズ)

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

フェラーリの赤色「ロッソ・コルサ」とフェラーリ 365 GTB 4 デイトナ

 スーパーカーで有名なフェラーリの色と言えば赤色を思い出す人が多いと思います。フェラーリの赤色はとても印象深い色をしています。イタリアン・レッドと呼ばれることも多いのですが、この赤色は正式にはレーシング・レッドという意味の「ロッサ・コルサ」(Rossa Corsa)」という色名です。「ロッサ・コルサ」は古くからイタリアのレーシングカーが国際レースで採用していた色です。イタリア語でRossaは赤色を意味し、Corsaはレースを意味します。

 写真はロッサ・コルサのフェラーリ 365 GTB 4 デイトナ(Ferrari 365 GTB 4 DAYTONA)です。デイトナは1968年に発表されたスポーツカー(グランツーリスモ)です。クーペのGTBモデルとスパイダーのGTSモデルがあります。365が意味するところのV12の代表的なモデルでしたが、365BBの登場によって1974年に生産中止となりました。フェラーリ365BBの色も「ロッサ・コルサ」が人気となりました。

フェラーリ 365 GTB 4 デイトナ
フェラーリ 365 GTB 4 デイトナ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0)

2023年10月16日 (月)

池の上の球形の水槽

 日本ではあまり見かけませんが、海外では庭の池の水面に角柱や球形の水槽を取り付けて楽しんでいる人が多いようです。

池の上の球形の水槽
池の上の球形の水槽

 次の映像は池の水面に球形の水槽を取り付けた例です。鯉が池から球形の水槽の中に入り込んでいます。光が屈折するので鯉の見え方が面白いです。

Add-A-Sphere daytime video www.addasphere.co

 この水上の水槽は次の映像のように作られています。

なぜ水槽の中に鯉がたくさん集まっていくるのかもわかります。

Add-A-Sphere Installation.wmv

旭山動物園の展示方法の家庭版という感じがします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2023年9月29日 (金)

シロクマの毛は透明で肌は黒い

 シロクマの正式名称はホッキョクグマ(北極熊)で哺乳綱食肉目クマ科クマ属の食肉類です。

ホッキョクグマ(北極熊)
ホッキョクグマ(北極熊)

 ホッキャオクグマは全身を覆う毛で身体が白く見えるためシロクマ(白熊)と呼ばれます。北極の環境下では雪や氷と同化し得物に気が付かれにくくなる効果があります。しかしシロクマの毛は本当は白色ではありません。シロクマの毛は中空でストローのような構造をしています。この透明の毛が密集して生えているため、光が当たると乱反射して白く見えます。

 またホッキャオクグマの地肌は黒色をしています。光の熱をよく吸収する黒い地肌に透明な毛が太陽光を送ります。これによってホッキャオクグマの体温が上がります。さらに毛も太陽光に温められ、毛に含まれている空気が保温効果を生み出します。厳寒の北極の環境で冷たい外気を遮断しているわけです。その他、分厚い脂肪や短い足も寒冷地への適応です。ホッキョクグマは北極での生活のために身体を適応させて進化させたと言って良いでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0)

2023年9月18日 (月)

高齢者の色がシルバーの由来

 高齢者の色としてシルバーを認識している人はたくさんいます。シルバーシートやシルバー人材センターなど実際にシルバーで高齢者を表しているものがたくさんあります。高齢者でシルバーを連想すると白髪などを思い出しますが実際には関係がありません。

 高齢者をシルバーと呼ぶようになったのは昭和48年(1973年)9月15日の敬老の日に国鉄が高齢者や身体障害者向けに導入した優先席の色がシルバーだったことに由来します。

Photo_20230918183001

 国鉄はこの優先席を作るにあたって座席のシートの色を変えてわかりやすくすることにしました。しかし、新たな座席用の布を作る予算もないので既存のものを利用することになりました。ところがまとまった数の在庫があった座席の布は0系新幹線の普通座席に使われていたシルバーの布でした。

 この0系新幹線のシルバーの布が採用された優先席は布の色からシルバーシートと名付けられました。シルバーシートはは当初は東京の中央線快速なとで導入されましたが、その他の地域や私鉄にも広がりました。このシルバーシートの導入によってシルバーは高齢者の代名詞のようになったのですが、高齢者をイメージして優先席の色にシルバーが選ばれたわけではありません。

 英語のsilverは銀や銀色を意味しますが高齢者と言う意味はありません。英語圏では gray(灰色) や gold(金色) が高齢者の色として認識されています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

| | | コメント (0)

«「真っ赤な嘘」「赤の他人」の由来