YouTube

2014年1月14日 (火)

床と壁がわからなくなる錯覚をさせる? スパイダーキャット

レーザーポインタの光の点を追いかける黒猫です。猫がごく普通にじゃれているように見えますが、実はこの猫の正体はスパイダーキャットだったのです。

Cat1

その正体は次の影像を見るとわかります。

Poobs the cat a laser pen and carpet wall.

これだけ見事だと、錯覚で床と壁がわからなくなりますw

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

秀逸 森にありがとう 1枚のティッシュで作られた折り紙の動物が次々と変化 ネピアのCM

ネピアが制作したティッシュペーパーのコマーシャル映像です。 1枚のティッシュペーパーが次々と様々な動物に変化していきます。

Nepia

最初はティッシュケースから取り出された1枚のティッシュペーパーが木の形に変化します。そう、紙の原料は木であることを示しているのでしょうか。そして、ティッシュペーパーは小鳥、カエル、カンガルー、犬、水面と魚、その魚を狙うクマ、ヘビ、テナガザル、シカ、人間と変化します。

最後はティッシュペーパーが種に変化し、その種から芽が出て、双葉となり、木となります。そして、1枚のティッシュペーパーにメッセージが浮かびあがり、映像が締めくくられます。

「いい紙づくりは、いい森づくりから。森にありがとう。nepia」

Tissue Animals

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

アインシュタインの肉声 The Common Language of Science

アインシュタインの肉声を聞いたことがある人はそう多くないかもしれません。

Alberteinstein1947

このYouTubeの映像は、1941年秋に英国科学振興協会のラジオ演説において、アインシュタインが自身の論文「The Common Language of Science(科学の共通言語)」を朗読した音声を録音したものです。

Einstein speech : The common language of science

下記がこのスピーチの全文です。

The Common Language of Science
Essay by Albert Einstein

     The First Step towards language was to link acoustically or otherwise commutable signs to sense-impressions. Most likely all sociable animals have arrived at this primitive kind of communication---at least to a certain degree. A higher development is reached when further signs are introduced and understood which establish relations between those other signs designating sense-impressions. At this stage it is already possible to report somewhat complex series of impressions; we can say that language has come to existence. If language is to lead at all to understanding, there must be rules concerning the relations between the signs on the one hand and on the other hand there must be a stable correspondence between sings and impressions. In their childhood individuals connected by the same language grasp these rules and relations mainly by intuition. When man becomes conscious of the rules concerning the relations between sings the so-called grammar of language is established.

     In an early stage the words may correspond directly to impressions. At a later stage this direct connection is lost insofar as some words convey relations to perceptions only if used in connection with other words (for instance such words as: “is,”“or,”“thing,”). Then word-groups rather than single words refer to perceptions. When language becomes thus partially independent from the background of impressions a greater inner coherence is gained.

     Only at this further development where frequent use is made of so-called abstract concepts, language becomes an instrument of reasoning in the true sense of the word. But it is also this development which turns language into a dangerous source of error and deception. Every-combinations correspond to the world of impressions.

     What is it that brings about such an intimate connection between language and thinking? Is there no thinking without the use of language, namely in concepts and concept-combinations for which words need not necessarily come to mind? Has not everyone of us struggled for words although the connection between “things” was already clear?

    We might be inclined to attribute to the act of thinking complete independence from language if the individual formed or were able to form his concepts without the verbal guidance of his environment. Yet most likely the mental shape of an individual, growing up under such conditions, would be very poor. Thus we may conclude that the mental development of the individual and his way of forming concepts depend to a high degree upon language. This makes us realize to what extent the same language means the same mentality. In this sense thinking and language are linked together.

     What distinguishes the language of science from language as we ordinarily understand the word? How is it that scientific language is international? What science strives for is an utmost acuteness and clarity of concepts as regards their mutual relation and their correspondence to sensory data. As an illustration let us take the language of euclidian geometry and algebra. They manipulate with a small number of independently introduced concepts, respectively symbols, such as the integral number, the straight line, the point, as well as with signs which designate the fundamental operations, that is the connections between those fundamental concepts. This is the basis for the construction, respectively definition of all other statements and concepts. The connection between concepts and statements on the one hand and the sensory data on the other hand is established through acts of counting and measuring whose performance is sufficiently well determined.

     The super-national character of scientific concepts and scientific language is due to the fact that they have been ser up by the best brains of all countries and all times. In solitude and yet in cooperative effort as regards the final effect they created the spiritual tools for the technical revolutions which have transformer the life of mankind in the last centuries. Their system of concepts have served as a guide in the bewildering chaos of perceptions so that we learned to grasp general truths from particular observations.
What hopes and fears does the scientific method imply for mankind? I do not think that this is the right way to put the question. Whatever this tool in the hand of man will produce depends entirely on the nature of the goals alive in this mankind. Once these goals exist, the scientific method furnished means to realize them. Yet is cannot furnish the very goals. The scientific method itself would not have led anywhere, it would not even have been born without a passionate striving for clear understanding.

     Perfections of means and confusion of goals seem-in my opinion-to characterize our age. If we desire sincerely and passionately the safety, the welfare and the free development of the talents of all men, we shall not be in want of the means to approach such a state. Even if only a small part of mankind strives for such goals, their superiority will prove itself in the long run.

Albert Einstein
"The Theory of Relativity and Other Essays"
MJF Books
New York, NY

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

もし月が国際宇宙ステーションと同じ距離にあったら

国際宇宙ステーションISSは地上から高度約400 kmの熱圏を約7.7 km/sec の速さで飛行し、90分で地球を1周しています。一方、月は地球から約38万キロメートルの位置で、約29.5日で地球を1周しています。

もし、月が国債宇宙ステーションと同じ距離にあったら、地球から月はどのように見えるでしょうか。次の映像のように見えるそうです。 月が大きく見えるだけでなく、毎日が大スケールの皆既月食です(^^ゞ

Moon_at_iss

If the Moon were at the same distance as the ISS

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

パラパラ漫画から飛び出した? ハロウィンパーティー子ども用 光る服 

パラパラ漫画などによく出てくる人の絵が登場。これがリアルな世界で動き出します。

Photo

その様子を撮影した映像がこちらなのだそうです。漫画がちょこちょことと動き回ります。

Baby LED light suit halloween costume preview

これはハロウィンパーティ用に作られたLEDライトで作られた光る服だそうです。

正体は女の子でした。

ハロウィンパーティでは大人気となること間違いないでしょう。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

錯視を利用したHONDAのCM

HONDAが錯視を利用したディーゼル車CR-V 1.6のCM映像を作成しました。

杭に突っ込んでいく自動車、果たして、その運命は?

Hondacrv16

こちらの映像を見ると一目瞭然です。

OFFICIAL HONDA - The New CR-V 1.6 Diesel film

錯視を利用した画像というと、だいたいが静止画ですが、これはその様々な静止画の中を現実の自動車が走り抜ける動画です。

錯視の静止画に平面を走る動く自動車を組み込み、躍動感と驚き、そして意外性のある映像を作り上げています。このアイデア凄いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

踊るペンキ! カラー・スピーカー

スピーカーのコーンに赤色、黄色、緑色、青色のペンキを注いで、音を鳴らします。その様子を、超高速撮影した映像です。

Photo

音楽を鳴らすと、ペンキが涌き立ちます。まるで踊っているかのようです。

Paint on a Speaker at 2500fps - The Slow Mo Guys

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月30日 (日)

ボイジャー1号 太陽圏をまもなく離脱

 NASAが36年前にに打ち上げたボイジャー1号がまもなく太陽圏を脱出するようです。ボイジャー1号は数ヶ月先には太陽風が届かない恒星間の空間へ到達します。人類が宇宙空間に送り出した最も遠方にいる宇宙船です。

Voyager

 ボイジャー1号は1977年9月5日にケープカナベラル空軍基地からタイタンIIIEセントールロケットで打ち上げられました。打ち上げ後はロケット燃料で加速し、1979年3月に木星に最接近、その後は木星の重力アシストを利用して土星へと向かいました。1980年11月に土星に最接近しました。

 現在は太陽から約180億キロメートルのところを時速約6万キロメートルで飛行しています。

 ボイジャー1号には寿命の長い電池を搭載し、2020年頃までは観測装置などを稼働できる電力を供給できると考えられいます。ボイジャー1号には、知的生命体との遭遇する可能性に備えて、地球の音楽や言語を録音したレコードも積んでいます。

Cosmic Journeys :  Voyager Journey to the Stars

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

Goole Glassのデモ動画

GoogleがGoogle Glassの操作方法を紹介した映像を公開しました。

Google Glassはいったいどうやって操作するのだろうと思っていましたが、この映像を見ると、なるほどそうなるよねと納得できます。

タッチパッドでタイムラインをスクロールしているあたりは、なるほど!という感じです。

Glass How-to: Getting Started

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

大きなレンズで光のエネルギーを集める

大きなレンズを使って太陽光を集めた様子を撮影した映像です。焦点の温度は華氏2000度(=摂氏1093度)にもなるそうです。

この焦点の位置にいろいろなものを持ってくると、あっという間に燃焼してしまいます。

ビンの中の液体はあっという間に沸騰、ビンは破裂してしまいます。

Burning Stuff With 2000ºF Solar Power!!

この大きなレンズは、古いテレビで使われていたものだそうで、フレネルレンズと呼ばれるものです。フレネルレンズについては、こちらの記事で解説しています。

光と色と:フレネルレンズの原理と仕組み

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧