書籍・雑誌

2014年8月16日 (土)

季刊 理科の探検 (RikaTan) 2014年 秋号 #rikatan

季刊 理科の探検 (RikaTan) 2014年 夏号の発売日は8月26日です。

秋号の特集は

「身近な化学 きれいな化学 "ばけがく"入門」

です。

14aki1

出版社: 文理; 季刊版 (2014/8/26)
ASIN: B00MBUXKYA
発売日: 2014/8/26

特集 身近な化学 きれいな化学-“ばけがく”入門

  • 家庭でできる炎色反応 小沼 順子
  • カラフル人工イクラ 松延 康
  • アントシアニンの色変わり 橋本 賴仁
  • 牛乳にイソジンうがい薬を注入して「パターンを楽しむ化学」 夏目 雄平
  • 食品に含まれる着色料を見分けよう 髙野 裕惠
  • カラフルべっこう飴の作り方 ドクターわだ重
  • 手持ち金・銀・白金箔でできること 四ヶ浦 弘
  • 火災の科学:天ぷら油火災で起こっていること くられ
  • 冷たいの?それとも熱いの? ~ドライアイスとマグネシウム粉の反応~ 相馬 惠子
  • スイッチを入れると出てくる茶色のドロドロは何なの?-化学でだます- 左巻 健男
  • “まぜるな危険”を混ぜたらどうなるか? 横内 正
  • ホンモノ志向!分子を見るソフト シ
  • 身のまわりの化学変化入門-“ばけがく”変化がいっぱい! 左巻 健男
  • 体の中の化学変化 左巻 惠美子
  • おいしさを科学しよう(1):デンプンの化学 小川 智久
  • おいしさを科学しよう(2):小麦粉の化学 小川 智久
  • ゼラチンと寒天 萩野 祐司
  • 卵からマヨネーズ 田崎 真理子
  • 牛乳からチーズ 田崎 真理子
  • レンネットでチーズをつくる~酵素が大活躍~ 安居 光國
  • 画期的な3Dプリンタ製タンパク質模型 本間 善夫
  • スチールウールを燃やしたら? 左巻 健男
  • 角砂糖を燃やす実験と“火虫”の実験-植物灰を探る 左巻 健男
  • 時計反応 丸山 文男
  • キッチンラボでおーっ(O2)の実験 富田 香
  • ロウソクが燃える条件を探る 長戸 基
  • ペットボトルから糸 平山 明彦
  • 安全スライムのつくり方 左巻 健男
  • 「ケミストリークエスト」小学校3年生で開発と今後 米山 維斗

連載     

  • Science Shot 炎色反応 田中 陵二
  • また、はれときどきカメ 【第10回】 林本 ひろみ
  • 散歩道で感じる 日本の四季 ‐秋編‐ 岩槻 秀明
  • ニッポン野生生物リサーチ戦隊【第十話】 新たな命の運命 里中 遊歩
  • まんが「科学すごろく」 第七回 野呂 和史
  • 極めてデジフォト 第16回 ステレオ写真に挑戦 池田 圭一
  • ちょい悪おやじの生物学 第十回 スマホで生物学 青野 裕幸
  • ねぼすけさんとだぶさんの鉱物を探しに行こう! 田中 陵二
  • サイエンスカフェへようこそ さかさパンダ
  • Science4you 洗濯バサミがバラバラになるわけ 桑嶋 幹
  • 黒ラブ教授のたまごかけごはんヽ(´▽`)/ 黒ラブ教授
  • はいまん彩 川端 一生
  • Sense of Universe 第3回 地球、その「ほのかに赤い点」 大西 浩次
  • 話題の動物たち 第10回 カバは本当にクジラの仲間なのか 今泉 忠明
  • マイクロスケール実験のすすめ 第3回 気体の発生と性質 佐藤 美子
  • 妄想似非科学 #10 佐藤 実
  • RikaTanプラネタリウム ~「秋の日は、つるべ落とし」というけれど~ 小野 夏子☆
  • カオスってなに? 第3回 (ファイゲンバウム定数) シ
  • 自然に学ぶものづくり(Nature Technology) 第3回 藤本 将宏
  • 数多あるもう一つの未来-SFが予言した世界-第10回 大西 光代
  • ブレッドボードで遊ぶ電気と電子回路 第10回 電子ブランコをつくろう 福武 剛

シリーズ連載   

  • 中学入試をたのしもう
       物理・化学  「とける」を考える 蔵之上 義史
       生物・地学   気候変動についての報告書から 玉野 真路
  • やってみよう 実験・ものづくり
         DVDを使って簡易分光器をつくろう 小林 則彦
       見守っている羊 舩田 優
       磁石を割って! 砕いて! 磁石ダンゴ! 藤本 将宏
       揺れると光る豆電球で、地震計の仕組みを体験してみよう   船田 智史

特別寄稿

  • STAP細胞騒動をどう見るか 佐野 和美
  • タバコの害を真剣に考えよう! 清水 隆裕
  • かけ算の順序強制問題 黒木 玄

編集部より

  • 編集長エッセイ 左巻 健男
  • RikaTan読書室 吉田 のりまき
  • RikaTan広場 井上 秀喜/ 森垣 良平
  • 企画委員一覧 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

季刊 理科の探検 (RikaTan) 2014年 夏号 #rikatan

季刊 理科の探検 (RikaTan) 2014年 夏号の発売日は5月26日です。

14natsu1

出版社: 文理; 季刊版 (2014/5/26)
ASIN: B00K33MRIC
発売日: 2014/5/26

目次

特集 夏だ!リアル理科探検に行こう 自然を 観る 知る 遊ぶ 旅

  • 亜熱帯のジャングル-西表島を楽しむ 左巻 健男
  • 宇宙に一番近い島~種子島~ 佐野 和美
  • 飛び越さないでね、沖縄本島 清水 隆裕
  • 屋久島初心者は西部林道とヤクスギランドを楽しもう! 左巻 健男
  • 愛媛県西予市のジオパーク巡り 松井 康之
  • 隠岐-大地と生態、人とのつながりを求める旅 左巻 健男
  • 近代化産業遺産群をたずねて 銅山跡、ベンガラ、製錬所、そして美術館 谷本 泰正
  • 二上山のサヌカイト、石器を探す旅 留岡 昇
  • 根尾谷断層  一流の地震学者になれるか 留岡 昇
  • 北アルプス自然紀行 横内 正
  • 「火山の教科書」箱根の旅 吉田 晴彦
  • 小笠原母島 松居 誠一郎
  • 日本列島のヘソ「佐久平」をめぐる 夏目 雄平
  • 夏はやっぱり鍾乳洞! -きれいで涼しい地底の魅力- シ
  • 世界最大級のブナの森に抱かれる旅 -白神山地を歩く 左巻 健男
  • 洞爺で火山の不思議を感じる旅〜洞爺湖水中七不思議を巡る湖上ジオツアー〜 横山 光
  • 積丹半島から南へ下る旅 青野 裕幸
  • 「静」と「動」、二つの国立公園を巡る旅 -釧路湿原と阿寒- 村山 一将
  • 花の浮島~礼文島トレッキングのすすめ 玉野 真路
  • 左巻健男とリカタン委員 おすすめの旅 左巻 健男

連載

  • Science Shot どこまでも、見渡す限り続く純白の世界『ウユニ塩湖』 日上 奈央子
  • また、はれときどきカメ 【第9回】 林本 ひろみ
  • ニッポン野生生物リサーチ戦隊【第九話】 山がザワザワしている 里中 遊歩
  • まんが「科学すごろく」 第六回 野呂 和史
  • 極めてデジフォト 第15回 ネオ一眼のススメ 池田 圭一
  • ちょい悪おやじの生物学 第9回 不快なハエから生物学 青野 裕幸
  • 散歩道で感じる 日本の四季 ‐夏編‐ 岩槻 秀明
  • ねぼすけさんとだぶさんの鉱物を探しに行こう! 田中 陵二
  • サイエンスカフェへようこそ さかさパンダ
  • Science4you 地の果てはどれぐらい先にあるのか 桑嶋 幹
  • 黒ラブ教授のたまごかけごはんヽ(´▽`)/ 黒ラブ教授
  • はいまん彩 川端 一生
  • Sense of Universe 第2回 天の川銀河から見上げる姿 大西 浩次
  • 話題の動物たち 第9回 ゼニガタアザラシの漁業問題 今泉 忠明
  • マイクロスケール実験のすすめ 第2回 電気分解の実験 佐藤 美子
  • 妄想似非科学 #9 佐藤 実
  • RikaTanプラネタリウム 火星がやって来た 小野 夏子☆
  • カオスってなに? 第2回 シフト写像 シ
  • 自然に学ぶものづくり(Nature Technology) 第2回 藤本 将宏
  • 数多あるもう一つの未来-SFが予言した世界-第9回 大西 光代
  • ブレッドボードで遊ぶ電気と電子回路 第99回 風力発電用LED 福武 剛

シリーズ連載

中学入試をたのしもう

  • 物理・化学  考察の利用 蔵之上 義史
  • 生物・地学  からだの大きさと年間の平均気温との関係 玉野 真路

やってみよう 実験・ものづくり

  • いろいろな道具や材料を利用して火をおこそう 横須賀 篤
  • カラフルダイラタンシー さかさパンダ
  • 空気砲の渦輪を大きなシャボン玉にあてる 夏目 雄平
  • 白金箔の触媒作用   四ヶ浦 弘
  • トリックアート 船田 智史
  • ジャンボカルメ焼きをつくろう! 浅田 一恵

編集長エッセイ 左巻 健男

RikaTan読書室 稲山 ますみ

RikaTan広場 井上 秀喜/ 森垣 良平

企画委員一覧

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

季刊 理科の探検 (RikaTan) 2014年 春号 #rikatan

理科の探検(RikaTan)  2014年春号の発売日は2月26日です。

14haru1

2014年春号の特集は「特集 ニセ科学を斬る!」です。基礎知識から、社会的な背景や問題、人間の心理まで、広い視野で、ニセ科学に関わる問題を、事例を取り上げながらクールに解説した特集です

巻末に実験テーマ中心に1~9号の総目次を付録しています。

発行元:SAMA企画
出版社: 文理; 季刊版
ASIN: B00I9H1XDY
発売日: 2014/2/26

目次

特集 ニセ科学を斬る!

  • ニセ科学問題入門/左巻 健男
  • ダイエットをめぐるニセ科学/小内 亨
  • 健康食品・サプリメントにご用心-その宣伝、信じてよいの?/片瀬 久美子
  • 抗酸化性物質は体によいのか/安居 光国
  • ニセ科学の「波動」と物理学の波動/菊池 誠
  • 摘発されたニセ科学商品の事例/天羽 優子
  • 法と科学 ニセ科学による被害を救済する仕組み/天羽 優子
  • EMのニセ科学問題 呼吸 発電
    EM団子の水環境への投げ込みは環境を悪化させる/松永 勝彦
  • 脳科学とどうつきあうか―ニセ脳科学にだまされないために/鈴木 貴之
  • ニセ科学を信じてしまう心のしくみ/菊地 聡
  • 地震予知におけるニセ科学/小林 則彦

連載

  • Science Shot フラクタルな雷模様「リヒテンベルグ図形」/田中 陵二
  • また、はれときどきカメ 【第8回】/林本 ひろみ
  • ニッポン野生生物リサーチ戦隊【第八話】未来の動物学者たち/里中 遊歩
  • まんが「科学すごろく」 第五回 野呂/和史
  • 極めてデジフォト 第14回 虹色を追いかけて/池田 圭一
  • ちょい悪おやじの生物学 第八回 アスパラで生物学/青野裕幸
  • 散歩道で感じる 日本の四季 ‐春編‐/岩槻秀明
  • ねぼすけさんとだぶさんの鉱物を探しに行こう!/田中陵二
  • サイエンスカフェへようこそ/さかさパンダ
  • Science4you ペットボトルのリサイクル-回収だけでは解決しない/桑嶋幹
  • 黒ラブ教授のたまごかけごはんヽ(´▽`)//黒ラブ教授
  • 数楽しよう!~エッシャーシンメトリーの世界~/岡田 晃次
  • はいまん彩/川端 一生
  • Sense of Universe 第1回 46億年目の最初で最後の輝き/大西 浩次
  • RikaTanプラネタリウム 火星がやって来た/小野 夏子☆
  • 話題の動物たち 第8回 大珍獣 ハリモグラ/今泉 忠明
  • マイクロスケール実験のすすめ 第1回/佐藤 美子
  • 妄想似非科学 #8/佐藤 実
  • カオスってなに? 第1回 カオス界の基礎単語/シンキロウ
  • 自然に学ぶものづくり(Nature Technology) 第1回/藤本 将宏
  • 数多あるもう一つの未来-SFが予言した世界-第8回/大西 光代
  • ブレッドボードで遊ぶ電気と電子回路 第8回 サイレンの音を出そう連載/福武 剛

シリーズ連載

  • 中学入試をたのしもう

         物理・化学  100年前の入試問題/蔵之上 義史
       生物・地学  遠くから届く宇宙の光を見つめてみよう/玉野 真路

  • やってみよう 実験・ものづくり

       簡単な分子模型の製作/松本 忠和
       【工作】机上常設展示物 びゅんびゅんベンハムのこまをつくろう/木色 泰樹
       手作り蜃気楼の実験- ケースの中に像を作る-/夏目 雄平
       空き缶と磁石、鉄くぎで作るヘロンの蒸気機関  /井野 雄介
       ジャイロの秘密 ~まわるものは不思議な動きをする~/船田 智史

  • たのしい理科と自然の小話

  •    太陽活動と宇宙線の関係/丸山 文男
       硬膜下出血とクモ膜下出血/左巻 惠美子

    編集長エッセイ/左巻 健男
    RikaTan読書室/吉田 のりまき
    RikaTan広場/井上 秀喜/ 森垣 良平
    企画委員一覧 
    実験テーマ中心1~9号総目次

    人気ブログランキングへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2014年2月 3日 (月)

    電子書籍版「レンズ」のキホン

    オールカラーページのレンズ光学の入門書『「レンズ」のキホン』の電子書籍版が発売されました。

    Hyosi

    はじめに

     私たちの身のまわりには、カメラや望遠鏡、CD・DVDプレーヤー、コピー機やレーザープリンタなど、光を利用した製品がたくさんあります。それらの機器を支える光技術のキーデバイスとして使われているのが、レンズや鏡などの光学部品です。いまやレンズは先端技術を支えるマザー・ツールですから、新しい技術に先回りして進化していかなければならないという宿命を背負っています。レンズは人類の英知とともに進化している道具なのです。

     この本を手にしたみなさんは、レンズについて個人的に興味をもち、勉強したいと考えていたり、仕事の関係でレンズについて学ぶ必要に迫られていたりする方々ではないかと思います。レンズの本を探してみると、専門書はたくさん見つかりますが、やさしい入門書はわずかしかありません。光学の入門書でレンズのしくみや働きについて学ぶこともできますが、レンズが主題ではないため、レンズについて包括的に学ぶことはできません。そのため、本書はレンズの専門家ではない人や、物理が多少苦手と思っている人でも、光学の基礎からレンズの基本と応用までをわかりやすく学ぶことができる入門書となるように心がけて執筆しました。また、本書はカラー版であることから、作図の手順の解説などにも力を入れました。

     読者の皆さんにとって、本書がレンズの世界への扉としての役割、またレンズの専門書への橋渡しとしての役割をはたすことができたとするならば、著者としてこれほどうれしいことはありません。

    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    目次

    はじめに
    登場キャラクターのご紹介

    第 1 章 レンズのお話

    001 レンズは光の屈折をたくみに利用するために生みだした道具
    002 レンズの歴史
    003 小さなものを拡大して見る顕微鏡の歴史
    004 遠くのものを近くに見る望遠鏡の歴史
    005 レンズでできた像を記録するカメラの歴史

    COLUMN レンズの語源

    第 2 章 光のふるまい

    006 光の直進性と逆進性
    007 光の反射の法則
    008 鏡による光の反射
    009 光の乱反射
    010 透明な物体を通る光
    011 光は物質の境界面で折れ曲がる 光の屈折
    012 光はどのような道筋を選んで進むのか フェルマーの原理
    013 スネルの法則①
    014 スネルの法則②
    015 空気のゆらぎが光を曲げる 陽炎と逃げ水のしくみ
    016 空気のゆらぎが光を曲げる 蜃気楼と大気差のしくみ
    017 プリズムでできる光の色の帯 光の分散
    018 大空にかかる光の色の帯 虹ができるしくみ
    019 虹の形はどうして円弧なのか
    020 光は波か粒子か① 光の回折
    021 光は波か粒子か② 光の干渉
    022 光の回折と干渉でできる虹のしくみ
    023 光は縦波か横波か
    024 偏光メガネとブリュースターの法則
    025 光は電磁波の仲間
    026 光の速さはどれぐらいか
    027 光のふるまいを考える幾何光学と波動光学

    COLUMN 近接場光ー光の回折限界を超える光 66

    第 3 章 レンズのしくみと働き

    028 点光源からでた光はどのように進むか
    029 影のでき方
    030 ピンホールでできる像
    031 ピンホールカメラでできる像
    032 レンズの基本的なしくみ
    033 凸レンズと凹レンズの基本的な働き
    034 レンズの焦点と焦点距離
    035 レンズの主点と主平面
    036 薄肉球面レンズの焦点距離の求め方
    037 レンズを通る光の進み方
    038 凸レンズでできる実像
    039 無限遠からやってくる光は凸レンズでどこに像を結ぶか
    040 凸レンズでできる虚像
    041 凸レンズを半分隠すと実像と虚像はどうなるか
    042 物体が焦点の位置にあるとき実像と虚像はどうなるか
    043 凹レンズでできる虚像
    044 レンズの写像公式と倍率① 凸レンズの実像の場合
    045 レンズの写像公式と倍率② 凸レンズの虚像の場合
    046 レンズの写像公式と倍率③ 凹レンズの虚像の場合
    047 レンズの写像公式のまとめ
    048 レンズの倍率を求めるもう1つの方法
    049 レンズの作図の裏技① 光軸上の1点からでて凸レンズに入射する光
    050 レンズの作図の裏技② 凸レンズに任意の傾きで入射する光
    051 レンズの作図の裏技③ 凹レンズを通る光の場合
    052 2枚のレンズを通る光
    053 凹面鏡と凸面鏡のしくみ
    054 凹面鏡と凸面鏡で反射する光
    055 レンズの分類の仕方
    056 表面屈折を利用したレンズ① 球面レンズ
    057 表面屈折を利用したレンズ② 非球面レンズ
    058 表面屈折を利用したレンズ③ シリンドリカルレンズ
    059 表面屈折を利用したレンズ④ トロイダルレンズ
    060 表面屈折を利用したレンズ⑤ フレネルレンズ
    061 表面屈折を利用しないレンズ① グリンレンズ(屈折率分布レンズ)
    062 表面屈折を利用しないレンズ② 回折レンズ

    COLUMN メタマテリアルー負の屈折率をもつ物質

    第 4 章 レンズの性能

    063 レンズをつくる光学ガラスに求められる性質
    064 光学ガラスの屈折率
    065 光学ガラスのアッベ数
    066 光学ガラスの分類
    067 ガラス以外の光学材料① 天然や人工の結晶
    068 ガラス以外の光学材料② 光学プラスチック
    069 レンズができるまで① 球面レンズのつくり方
    070 レンズができるまで② 非球面レンズのつくり方
    071 収差とはなにか
    072 球面収差
    073 球面収差の補正
    074 コマ収差と非点収差
    075 像面湾曲と歪曲収差
    076 軸上色収差と倍率色収差
    077 像の大きさと明るさ
    078 Fナンバーと実効Fナンバー
    079 開口数NAとレンズの分解能
    080 絞りと瞳
    081 絞りの位置とテレセントリック
    082 焦点深度と被写界深度

    COLUMN ガラスはなぜ透明なのか

    第 5 章 レンズを使った身近なもののしくみ

    083 ヒトの眼の構造
    084 正常な眼のしくみと働き
    085 近視と遠視
    086 老視と乱視
    087 コンタクトレンズのしくみ
    088 ルーペのしくみ
    089 ルーペの倍率
    090 光学顕微鏡のしくみ① 基本的なしくみ
    091 光学顕微鏡のしくみ② 倍率と分解能
    092 望遠鏡のしくみ① 基本的なしくみ
    093 望遠鏡のしくみ② ケプラー式望遠鏡の光の進み方
    094 望遠鏡のしくみ③ オランダ式(ガリレオ)望遠鏡の光の進み方
    095 望遠鏡のしくみ④ 望遠鏡の倍率
    096 望遠鏡のしくみ⑤ ピント合わせが必要なのはなぜ?
    097 カメラのしくみ① Fナンバーとシャッタースピード
    098 カメラのしくみ② 画角と焦点距離
    099 カメラのしくみ③ デジタルカメラの画角と焦点距離
    100 進化するレンズ 流体レンズのしくみ

    COLUMN 像反転系 倒立像を正立像として見る

    参考文献
    索引

    Kindle やKindleアプリで閲覧可能です。

    人気ブログランキングへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年11月19日 (火)

    季刊 理科の探検 (RikaTan) 2013年 冬号 #rikatan

    理科の探検(RikaTan)  2013年秋号の発売日は11月26日です。

    冬号の特集は「特集1バチッ! 静電気の不思議を体感しよう」と 「特集2 グラッ! 知っておきたい地震と活断層」です。

    13fuyu1

    発行元:SAMA企画
    出版社: 文理; 季刊版
    ASIN: B00GGQFY9Y
    発売日: 2013/11/26
    商品パッケージの寸法:  25.6 x 18 x 0.8 cm

    目次

    特集1 バチッ! 静電気の不思議を体感しよう

    • 静電気超入門 左巻 健男
    • 湿度があっても成功する静電気の実験  野田 新三
    • 電気コップで百人おどし  齋藤 弘一郎
    • 電気盆で遊ぶ  棟方 良
    • 水滴を落とすだけで発電できる?!~ケルビン静電発電機~ 相馬 惠子
    • 電気ストロー 越 市太郎
    • 静電気ベル  福武 剛
    • ミニバンデグラーフ体験記  橋本 賴仁
    • コピー機にも静電気が使われている? 長戸 基
    • 静電気を利用した塗装と集塵の技術 井上 貫之
    • 静電気の“ バチッ” を防ぐ 左巻 健男

    特集2 グラッ! 知っておきたい地震と活断層

    • 地震と活断層の基礎知識 觜本 格
    • 活断層の実態と読み取り方 佐藤 比呂志・石山 達也
    • Dr. ナダレンジャーの科学コミュニケーション  納口 恭明
    • 活断層を見に行こう1 関東平野西部で活断層と断層破砕帯を見てみよう  松居 誠一郎
    • 活断層を見に行こう2 徳島県、中央構造線活断層帯の池田断層の地形観察 村田 明広
    • 地震の実験 留岡 昇

    連載

    • Science Shot くちばしはラジエター!? オニオオハシ 左巻 健男
    • また、はれときどきカメ 【第7回】    林本 ひろみ
    • ニッポン野生生物リサーチ戦隊【第七話】  リサーチ戦隊、立科へゆく    里中 遊歩
    • まんが「科学すごろく」 第四回   野呂 和史
    • 極めてデジフォト 第13回 全天周写真にチャレンジ  池田 圭一
    • ちょい悪おやじの生物学 第7回  白い粉で生物学   青野 裕幸
    • 散歩道で感じる 日本の四季 ‐冬編‐  岩槻 秀明
    • ねぼすけさんとだぶさんの鉱物を探しに行こう!   田中 陵二
    • サイエンスカフェへようこそ   さかさパンダ
    • Science4you  量子論の幕開け    桑嶋 幹
    • 黒ラブ教授のたまごかけごはん    ヽ(´▽`)/  黒ラブ教授
    • 数楽しよう!~エッシャーシンメトリーの世界~      岡田 晃次
    • アイソン彗星の最新情報    大西 浩次
    • はいまん彩  川端 一生
    • 科学だけでは解けません! 最終回  みわ よしこ
    • 妄想似非科学 #7 佐藤 実
    • 話題の動物たち     第7回 日本のイノシシは「イノブタ」によって消滅?  今泉 忠明
    • RikaTanプラネタリウム ~干支の話~  小野 夏子☆
    • 数多あるもう一つの未来-SFが予言した世界-  第7回  大西 光代
    • 四季のねじ 冬のねじ    門田 和雄
    • MISSION:SEMPOSSIBLE  「これまでのボツ写真を公開せよ!」   加藤 琢也
    • ブレッドボードで遊ぶ電気と電子回路 第7回 フルカラーLED で虹の7 色を!  福武 剛

    シリーズ連載 

    中学入試をたのしもう

    • 物理・化学  身近な現象と理科知識  蔵之上 義史
    • 生物・地学  個体数を数える妙技  玉野 真路

    やってみよう 実験・ものづくり

    • 火遊びを通して見る化学   くられ
    • テレビ石の模型を作ろう  横須賀 篤
    • 水の不思議な実験   松本 忠和
    • リングキャッチャー、キャッチの原理   舩田 優
    • 必ず戻る! カンタン手作り屋内用ブーメラン   田中 一樹

    たのしい理科と自然の小話

    • 太陽活動と気候変動の関係  丸山 文男
    • ドングリは果実? それともタネ?  保谷 彰彦
    • 氷点下でも冬芽は凍らないの?  保谷 彰彦
    • 腰痛は二足歩行の宿命か?  左巻 惠美子

    一生に一度は行きたい自然・科学スポット

    • 野尻湖ナウマンゾウ博物館  横内 正
    • ガンの来る沼-伊豆沼・内沼  久米 宗男
    • 算額が奉納されている神    船田 智史
    • ここです! 入れる間欠泉   藤牧 朗

    編集長エッセイ     左巻 健男

    RikaTan読書室  稲山 ますみ

    RikaTan広場   井上 秀喜/ 森垣 良平                                

    人気ブログランキングへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年8月26日 (月)

    季刊 理科の探検 (RikaTan) 2013年 秋号 #rikatan

    理科の探検(RikaTan)  2013年秋号の発売日は8月27日です。

    秋号の特集は「見上げてみよう!星空の世界もっと知りたい!宇宙の不思議」です。

    これから空が澄んでくる季節です。夜空に目を向けて、遙か彼方で輝く星たちを観察してみましょう。

    宇宙の時間に比べれば全く一瞬の人の一生。人類が解き明かしてきた宇宙の謎、知る楽しみを存分に!

    13aki1

    発行元:SAMA企画
    出版社: 文理; 季刊版 (2013/8/27)
    ASIN: B00EARENE8
    発売日: 2013/8/27
    商品パッケージの寸法:  25.6 x 18 x 0.8 cm

    目次

    特集 見上げてみよう!星空の世界 もっと知りたい!宇宙の不思議

    • アイソン彗星がやってくる 世紀の大彗星のリカタン的観察ガイド 大西 浩次
    • 星見のレシピ 星空マップで楽しもう  渡部 義弥
    • 月の形や動きの見方・考え方  井上 貫之
    • デジカメで星の写真を撮ろう  小泉 伸夫
    • 宇宙ってなんだか知っていますか? 岡村 定矩
    • いま、銀河系の中心で起きている衝突現象 大西 浩次
    • 小惑星探査 小惑星が地球に衝突!?  寺薗 淳也
    • 肉眼・双眼鏡で楽しむ夜空の星  松浦 典文
    • 地球ー太陽ー月と地球の動き(自転と公転) ~これだけは知っておきたい~ 左巻 健男
    • 太陽系と宇宙 ~これだけは知っておきたい~ 左巻 健男
    • ビッグバン宇宙論と観測 平林 久
    • 見て楽しい天文パソコンソフト・スマホアプリ 萩野 祐司
    • 地球の動きと暦の深い関係 一色 健司

    連載     

    • Science Shot 酸素を生み出す石…ストロマトライト 青野 裕幸
    • また、はれときどきカメ 【第6回】    林本 ひろみ
    • ニッポン野生生物リサーチ戦隊【第六話】  森のクマさんとニンジャハッタリくん    里中 遊歩
    • まんが「科学すごろく」 第三回   野呂 和史
    • 極めてデジフォト 第12 回 デジタル顕微鏡ふたたび  池田 圭一
    • ちょい悪おやじの生物学 第六回…蜂蜜で生物学   青野 裕幸
    • 散歩道で感じる 日本の四季 ‐秋編‐  岩槻 秀明
    • ねぼすけさんとだぶさんの鉱物を探しに行こう!   田中 陵二
    • サイエンスカフェへようこそ   さかさパンダ
    • Science4you 活動写真のはじまり…    桑嶋 幹
    • 黒ラブ教授のたまごかけごはん    ヽ(´▽`)/  黒ラブ教授
    • 数楽しよう!~エッシャーシンメトリーの世界~      岡田 晃次
    • はいまん彩  川端 一生
    • 科学だけでは解けません! 第六回  みわ よしこ
    • 妄想似非科学 #6 佐藤 実
    • 話題の動物たち     第6回 カピバラ  今泉 忠明
    • RikaTanプラネタリウム ~宵の明星「金星」~  小野 夏子☆
    • 数多あるもう一つの未来-SFが予言した世界-  第6回  大西 光代
    • 四季のねじ 秋のねじ    門田 和雄
    • MISSION:SEMPOSSIBLE  「古本に現われるしみの正体を暴け!」   加藤 琢也
    • ブレッドボードで遊ぶ電気と電子回路 第6回 ストロボスコープを作ろう  福武 剛

    シリーズ連載

    中学入試をたのしもう

       
    • 物理・化学   蔵之上 義史
    • 生物・地学  「太陽の動きを調べてみよう」 玉野 真路

    やってみよう 実験・ものづくり   

    • なわとび発電にチャレンジ!   船田 智史
    • 見て・触れて・つくってわかる“塩化ナトリウムの結晶構造”  松本 忠和
    • 手持ちガスバーナーで作るミニ青銅鏡  横内 正
    • 無尾翼グライダーつばさ号  福武 剛
    • 霧箱づくりの工作&放射線の飛跡の観察  山本 俊介

    たのしい理科と自然の小話   

    • セカンドブレイン 左巻 惠美子
    • 鳩の体には、秘密がいっぱい! 久米 宗男
    • 光速・初めての話 舩田 優
    • 海面水位の変動 丸山 文男

    一生に一度は行きたい自然・科学スポット   

    • 琴引浜 留岡 昇
    • 東尋坊 月僧 秀弥
    • 室戸岬 橋本 賴仁
    • 磐梯山 松居 誠一郎
    • 編集長エッセイ  左巻 健男
    • RikaTan読書室 吉田 のりまき
    • RikaTan広場  井上 秀喜/松井 真由美

    人気ブログランキングへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年7月 1日 (月)

    理科の探検 (RikaTan) 2013年 別冊 ~丸ごと自由研究2号~ #rikatan

    『理科の探検(RikaTan)  別冊 ~丸ごと自由研究2号~』 の発売日は7月3日です。

    13jiyuken1

    出版社: 文理; 不定版 (2013/7/3)
    ASIN: B00DG8FVC0
    発売日: 2013/7/3

    目次

    • 編集前記 大人も子どもも自由研究を楽しもう! 左巻 健男
    • 亀緒君の「おかあさん観察記録2」 林本 ひろみ
    • 変な葉っぱ見っけ~ 留岡 昇
    • 育てたくなるカビ 安居 光國
    • 電子レンジで作るきれいな植物標本 横内 正
    • 身の回りにあるもので10円玉をキレイにしよう 小川 智久
    • レインボージュース あさだ かずえ
    • 塩素が含まれるもの調べ 坂根 弦太
    • 磯で食べられる海藻を探してみよう 吉田 晴彦
    • 火山灰は宝石箱 ―デジカメ&パソコンで火山灰観察に挑戦― 福岡 孝
    • 魚の耳石を調べる 青野 裕幸
    • 時間を縮めて生物の動きを観察しよう 倉田 智子
    • 水飴を作ろう! 橋本 賴仁
    • 変わった昆虫標本を作ろう 田中 一樹
    • パン作りに欠かせない生きもの「酵母」の秘密 大石 菜摘子
    • 貝殻で乾燥剤を作る 横須賀 篤
    • 元素集め 坂根 弦太
    • シャボン玉を弾ませよう 吉田 のりまき
    • 紙おむつの科学 坂元 新
    • 測って調べる電池の研究 福武 剛
    • 牛乳でプラスチックの食器を作ろう  さかさパンダ
    • スライム徹底研究 田崎 真理子
    • のんびり歩く?紙コップの研究 緒方 秀充
    • 浮く野菜、沈む野菜の秘密を探ろう 加川 泰寛
    • PCを使って音を「観察」してみよう 大川 祐輔
    • 3D立体視の研究 舩田 優
    • 身近な素材でソーラークッカーをつくろう! 宮川 幸久
    • 浮かぶふうせんの研究 福武 剛
    • 卵に乗る 田崎 真理子
    • 大気圧でゆで卵を牛乳瓶にスポン 結解 武宏
    • カタパルトを作り、紙飛行機を飛ばそう 舩田 優
    • 単極モーターをつくってみよう 船田 智史
    • かんたん! ペットボトルでヘリコプター 長戸 基
    • 回せば分かる! はじめてのデジタル計測 三輪 佳子
    • 光るだけじゃない! LEDに光を感じさせてみよう 三輪 佳子
    • リップルマークを観察しよう 松本 忠和
    • ペットボトルで雲を作ろう さかさパンダ
    • ペットボトルで雨量計を作ろう さかさパンダ
    • 高さと気圧の変化を調べよう 田中 一樹
    • 川の水質を調べてみよう ~ 簡単にできる水質調査 ~ 井上 貫之
    • メビウスの輪であそぼう  薄 伸也
    • 自由研究の進め方・まとめ方 -親の立場から 大石 菜摘子
    • 自由研究の進め方 久保田 英慈
    • 自由研究のまとめ方 久保田 英慈

    人気ブログランキングへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年5月16日 (木)

    季刊 理科の探検 (RikaTan) 2013年夏号 #rikatan

    観る・知る・遊ぶ-理科の楽しさを実感!

    季刊 理科の探検(RikaTan)夏号の発売日は5月27日です。月刊RikaTanと比べて、ページ数を約50%増しの144ページ充実した内容をお楽しみください。

    夏号の第1特集は「身近で優しい解剖」、第2特集は「水をめぐる科学とくらし」です。

    Rikatan2013summer

    出版社: 文理; 季刊版 (2013/5/27)
    ASIN: B00CMBFKQE
    発売日: 2013/5/27

    目次

    特集1 身近で優しい解剖

    • 身近な節足動物~エビを解剖 青野 裕幸
    • イカの解剖 藤澤 睦志
    • 子どもも一緒に観てみよう! コイの解剖 こうの にしき
    • 心臓のつくりと運動のしくみは鶏で学ぼう 相馬 惠子
    • ブタの内臓の観察 横内 正
    • アサリの解剖 松居 誠一郎
    • G…の解剖 ~「生きた化石」の本当の姿~ 保谷 彰彦
    • 侮るなかれ、ミミズのからだ 左巻 恵美子

    特集2 をめぐる科学と暮らし

    • 水と生命・水と健康-これだけは知っておきたい 左巻 健男
    • 飲料水のメイン 水道水について考えよう 左巻 健男
    • より安全で、よりおいしい水にするために-浄水器の選び方・使い方 左巻 健男 永井 秀樹
    • 怪しい水・怪しい水製造器の見破り方 天羽 優子
    • “水商売”にだまされない 天羽 優子 左巻 健男
    • 脱水症状の子どもに与える経口補水液とは? 吉田 のりまき
    • 液体の水の構造はどうなっているのか-研究の最前線 德島 高

    連載

    • 戦国時代末から江戸時代のハスの開花 松居 誠一郎 印南 洋造
    • また、はれときどきカメ 【第5回】 林本 ひろみ
    • ニッポン野生生物リサーチ戦隊 【第五話】 奥多摩探索  里中 遊歩
    • まんが「科学すごろく」 第二回 野呂 和史
    • 極めてデジフォト 第11回 微速度撮影に欠かせないモノ 池田 圭一
    • ちょい悪おやじの生物学 第五回 樹液で生物学 青野 裕幸
    • 散歩道で感じる 日本の四季 -夏編- 岩槻 秀明
    • ねぼすけさんとだぶさんの 鉱物を探しに行こう! 田中 陵二
    • サイエンスカフェへようこそ さかさパンダ
    • Science4you 光源と物体の色のおはなし 桑嶋 幹
    • 黒ラブ教授のたまごかけごはんヽ(´▽`)/ 黒ラブ教授
    • 数楽しよう!~エッシャーシンメトリーの世界~ 岡田 晃次
    • はいまん彩 川端 一生
    • 科学だけでは解けません!第五回 減量という神話(2) みわ よしこ
    • 妄想似非科学 #5 佐藤 実
    • 話題の動物たち 第5回 バーバリライオン 今泉 忠明
    • RikaTanプラネタリウム 夏の夜空から“七夕物語” 小野 夏子☆
    • 数多あるもう一つの未来-SFが予言した世界- 第5回 大西 光代
    • 四季のねじ 夏のねじ 門田 和雄
    • 中学入試問題をたのしもう(物化) 最新の電流の問題を解いてみよう 蔵之上 義史
    • 中学入試問題をたのしもう(生地) 麻布中の難問 玉野 真路
    • MISSION:SEMPOSSIBLE 「吸盤にひそむ怪物の正体を暴け!」 加藤 琢也
    • ブレッドボードで遊ぶ電気と電子回路 第5回 コイルの魔法!1.5V の電池で青色 LEDが点灯!! 福武 剛
    • やってみよう 実験・ものづくり ポンポン船を作って遊ぼう 平山 明彦 
    • やってみよう 実験・ものづくり 身近にあるものでソフトドリンクを作ってみよう  くられ
    • やってみよう 実験・ものづくり 簡単!『ステープラ(ホッチキス)の針で3極モーター』 長戸 基
    • たのしい理科と自然の小話 大気中の二酸化炭素濃度の変化 丸山 文男
    • たのしい理科と自然の小話 日本中を旅する『ウミネコ』 井上 貫之
    • たのしい理科と自然の小話 ミラクルフルーツを体験してみませんか? ~味覚を騙す不思議なフルーツ~ 船田 智史
    • たのしい理科と自然の小話 3Dプリンタでものづくり 門田 和雄
    • 一生に一度は行きたい自然・科学スポット 高崎市・長野堰円筒分水堰 田中 一樹
    • 一生に一度は行きたい自然・科学スポット 芦生原生林 留岡 昇
    • 一生に一度は行きたい自然・科学スポット 高尾山 左巻 健男
    • 編集長エッセイ 左巻 健男
    • 読書室 稲山 ますみ
    • RikaTan広場 井上 秀喜/松井 真由美

    人気ブログランキングへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年3月25日 (月)

    図解入門レンズの基本と仕組み[第2版]-身近な現象と機器に学ぶ光学入門

    図解入門よくわかる最新レンズの基本と仕組み[第2版]

    図解入門レンズの基本と仕組み[第2版]-身近な現象と機器に学ぶ光学入門

    本書はレンズについて知りたいという人を対象に、光の性質から、レンズの基本的な仕組み、種類、収差や性能、眼鏡やカメラなど実際の機器でのレンズの使われ方を図表を使ってやさしく解説します。

    【内容】

     カメラや天体望遠鏡には興味があるけど物理は苦手という人でも、レンズの基本について勉強できる本です。

     中学理科から高校物理で学ぶ光の基礎知識を取り上げながら、レンズについてわりやすく解説した本です。

    単行本: 291ページ
    出版社: 秀和システム; 第2版 (2013/03)
    ISBN-10: 4798037354
    ISBN-13: 978-4798037356
    発売日: 2013/03

    目次

    はじめに

     21世紀の科学技術は「光の時代」と言われています。現在、光の先端技術を応用したものが、私たちの生活の中にたくさん入ってきています。

     光の技術があるところでは、必ずといってよいほどレンズが活躍しています。レンズはカメラや望遠鏡だけではなく、CD/DVDプレーヤーやコピー機、レーザープリンタをはじめとする、光を使った様々な製品に使われているのです。レンズは光技術の立役者であるといっても過言ではありません。

     本書の構成にあたっては、レンズの専門家ではない人や、物理は少し苦手と思っている人が、「レンズについて知りたい」「勉強したい」と思ったときに、どのような入門書があればよいのかを中心に考えました。

     レンズを勉強するためには、光の基本的な性質を理解しておく必要があります。なぜなら、光とレンズは切っても切れない間柄だからです。この本では、光の基本的な性質についても、ページをかなり割いて説明しました。本書で取り上げたものは、レンズを学ぶ上で必要となる知識です。そこで、本書1冊で光の基本からレンズの仕組みまでを理解できるように、あるいはレンズの専門書で行き詰まったとき、理解を助けるために読んで頂けるように心がけて、執筆を進めました。

     本書は2005年3月に第1版が発売されてから8年の歳月が経過し、ここに第2版を出版することになりました。改訂にあたっては、本書の基本的な主旨は踏襲し、読者の皆さんから頂いた質問や意見などを参考に、よりわかりやすい内容に仕上げることをめざしました。そのため、巻頭のカラー口絵のページや、新しい文章や図を加えて、第1版に比べて約50ページ増量しました。

    読者の皆さんが、本書を手にすることによって、光とレンズに関する基本知識を身につけられ、本書がレンズ光学の専門書への橋渡しの役割を果たすことができたとしたならば、著者としてこれほど嬉しいことはありません。

     最後になりますが、本書の作成にあたっては、北海道理科サークルWisdom96の皆さんに、書き上げた文章を読んで意見を頂いたり、写真を提供して頂いたり、お世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げます。

     そして、本書の編集作業を担当していただいた秀和システム第一出版編集部の皆さんにお礼を申し上げます。

    第1章 レンズとは何か

    • 1-01 そもそもレンズとは?
    • 1-02 レンズの働きをするものを探してみよう
    • 1-03 レンズの歴史
    • コラム 世界最古のレンズ? ニムルドのレンズ
    • 1-04 望遠鏡と顕微鏡の歴史
    • 1-05 カメラの歴史
    • コラム 活動写真の発明

    第2章 光の基本的な性質

    • 2-01 光はどのように進むのか① 光の直進性
    • コラム 鏡の歴史
    • 2-02 光はどのように進むのか② 光の反射と乱反射
    • 2-03 光はどのように進むのか③ 光の屈折と反射
    • コラム 光通信と光ファイバー
    • 2-04 光はどのように進むのか④ フェルマーの原理とスネルの法則
    • 2-05 光の分散
    • 2-06 光の回折と干渉
    • コラム シャボン玉でできる虹
    • 2-07 光が偏るとは?
    • 2-08 どうしてものが見えるのか
    • コラム 物体はどのようにして見えるのかを研究した人びと
    • 2-09 光と色の三原色
    • 2-10「光る」とはどのようなことか
    • 2-11 光の速度はどれぐらいか
    • コラム 光速の測定が光の波動説の完全勝利をもたらした
    • 2-12 光の正体は何か
    • 2-13 電磁波とは何か
    • 2-14 幾何光学と波動光学
    • コラム ナノテクノロジーとは

    第3章 レンズの基本的な仕組みと働き

    • 3-01 影や像のできかた
    • 3-02 レンズの仕組みと働き
    • コラム 老眼鏡と近視眼鏡のレンズの種類を確かめる
    • 3-03 レンズの構成
    • 3-04 レンズを通る光の進みかた
    • 3-05 レンズでできる像
    • 3-06 レンズの式と倍率
    • 3-07 レンズの置き方
    • 3-08 2枚のレンズを通る光
    • 3-09 レンズの簡易な作図方法
    • コラム 平行光で凸レンズの焦点距離を求める
    • 3-10 凹面鏡と凸面鏡
    • コラム 凹面鏡を利用した太陽炉

    第4章 レンズの分類

    • 4-01 レンズの基本的な分類のしかた
    • 4-02 表面で光を屈折するレンズ① 
    • 4-03 表面で光を屈折するレンズ② 
    • 4-04 表面屈折以外のレンズ
    • コラム 光を回折させてみよう
    • 4-05 レンズを作る材料
    • コラム ガラスはなぜ透明か
    • 4-06 光学ガラスの屈折率とアッベ数
    • 4-07 光学ガラスの分類
    • 4-08 ガラス以外の材料
    • 4-09 レンズのつくりかた
    • コラム 光学ガラスやレンズの製造工程を詳しく知りたい人は

    第5章 レンズの収差と性能

    • 5-01 収差とは何か
    • 5-02 球面収差
    • 5-03 コマ収差と非点収差
    • 5-04 像面湾曲と歪曲収差
    • 5-05 軸上色収差と倍率色収差
    • 5-06 Fナンバー
    • 5-07 開口数NA
    • 5-08 絞りと瞳
    • 5-09 絞りの位置とテレセントリック
    • 5-10 焦点深度と被写界深度
    • 5-11 レンズの解像力と伝達関数MTF
    • コラム 偏心収差 レンズ製造やとりつけで生じる収差
    • 5-12 アッベの不変量とラグランジュの不変量
    • コラム レンズの設計

    第6章 レンズを使った製品と技術

    • 6-01 光学系とは何か
    • 6-02 眼の働き
    • 6-03 眼鏡と眼の屈折異常① 
    • 6-04 眼鏡と眼の屈折異常② 
    • 6-05 コンタクトレンズの仕組み
    • コラム 昆虫の複眼の仕組み
    • 6-06 ルーペの仕組み
    • 6-07 顕微鏡の仕組み
    • 6-08 望遠鏡の仕組み
    • コラム 双眼鏡の仕組み
    • 6-09 カメラの仕組み
    • 6-10 CD-ROMとCD-ROMドライブの仕組み
    • 6-11 レーザープリンタの仕組み
    • 6-12 バーコードリーダーの仕組み
    • 6-13 半導体産業を支えるステッパーレンズ
    • 6-14 自然現象とレンズ

    索引

    参考文献

    読者サポートサイト

    http://lens.goryoukaku.com/

    ▼サンプルページ

    巻頭口絵(抜粋)

    Front

    第1章 第1節 そもそもレンズとは

    Page11

    第2章 第3節 光はどのように進むのか③光の屈折と全反射

    Page23

    第3章 第4節 レンズを通る光の進みかた

    Page34

    第4章 第1節 レンズの基本的な分類のしかた

    Page41

    第5章 第2節 球面収差

    Page52

    第6章 第2節 目の働き

    Page62

    人気ブログランキングへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年2月21日 (木)

    季刊 理科の探検 (RikaTan) 2013年 春号(3~5月号) #rikatan

    観る・知る・遊ぶ-理科の楽しさを実感!

    新装季刊「理科の探検」第5号2013年春号が2月26日に発売されます。月刊RikaTanと比べて、ページ数を約50%増しの144ページ充実した内容をお楽しみください。

    今月号の第1特集は「光と色のふしぎ」、第2特集は「身近な植物のくらし」です。

    出版社: 文理; 季刊版 (2013/2/26)
    ASIN: B00BC06H4A
    発売日: 2013/2/26

    13haru1

    目次

    特集1 光と色の不思議

    • こんな虹を見たことがありますか? 武田 康男
    • 海はなぜ青いの?  一色 健司
    • ものの色の見え方を調べてみよう  岡村 富博
    • ニュートンのプリズム実験を追試する  桑嶋 幹
    • カラフルな色、まぜると白くなる? 稲山 ますみ
    • シャボン玉から貝殻までの干渉による虹色 小川 智久
    • 青空と夕日をつくる実験  船田 智史
    • 簡易分光キットで光を分解!! 齋藤 弘一郎
    • 光と色について、これだけは知っておきたい 左巻 健男
    • ものが見えるしくみの探究史 古代から現代へ 木色 泰樹
    • かんたん万華鏡 横内 正
    • 日光写真を撮ろう 横須賀 篤
    • 本格的(?)なピンホール写真に挑戦! 大川 祐輔
    • 虫めがねやフレネルレンズで光を集める 加藤 一義
    • LED を使って発電しよう 大島 修
    • かんたん光通信 舩田 優
    • わいわい実験室から わいわい実験で虹をつくる/ 回折シート 福武 剛・舩田 優

    特集2 身近な植物のくらし

    • 身近な植物のくらし 岩槻 秀明
    • 早春を彩る草花 ~身近な花に隠されたひみつ~ 保谷 彰彦
    • 彼岸花の一年 谷本 泰正
    • シダ植物のくらし 寄木 康彦
    • 日本人が大好きなコケの生活 青野 裕幸

    連載

    • フロンティアショット 女子の悩み“ たるみ” を無くせ! 木原 久美子
    • また、はれときどきカメ 【第4回】    林本 ひろみ
    • ニッポン野生生物リサーチ戦隊【第四話】    里中 遊歩
    • まんが「科学すごろく」 第一回   野呂 和史
    • 極めてデジフォト 第10 回 楽して自然観察&自動撮影  池田 圭一
    • ちょい悪おやじの生物学 第四回 ホームセンターでSPF   青野 裕幸
    • 散歩道で感じる 日本の四季   岩槻 秀明
    • ねぼすけさんとだぶさんの鉱物を探しに行こう!   田中 陵二
    • サイエンスカフェへようこそ   さかさパンダ
    • 四季のねじ 春のねじ      門田 和雄
    • 黒ラブ教授のたまごかけごはん    ヽ(´▽`)/  黒ラブ教授
    • 数楽しよう!~エッシャーシンメトリーの世界~     岡田 晃次
    • はいまん彩  川端 一生
    • 科学だけでは解けません! 第四回 減量という神話(1)  みわ よしこ
    • リカ先生の10分サイエンス(55)  最終回 科学とこれからの私たち 田崎 晴明/田崎 真理子
    • Science4you 光とエーテルの矛盾を考える   桑嶋 幹
    • 話題の動物たち     第4回 ジャイアントパンダ  今泉 忠明
    • RikaTanプラネタリウム ~春の夜空から“ しし座の物語”  小野 夏子
    • 妄想似非科学 #4  佐藤 実
    • ブレッドボードで遊ぶ電気と電子回路 第4回 点滅を繰り返すLED    福武 剛
    • MISSION:SEMPOSSIBLE「研磨剤で歯がピンチ?」   加藤 琢也
    • 数多あるもう一つの未来-SFが予言した世界-  第4回  大西 光代

    シリーズ連載

    • 中学入試をたのしもう
       物理・化学 中学入試と化学の知識 蔵之上 義史
       生物・地学 ミツバチのダンスをたのしもう 玉野 真路
    • やってみよう 実験・ものづくり
       食品添加物  くられ
       おうちでできる「自分のDNA を見てみよう!」 田中 一樹
    • たのしい理科と自然の小話
       植物と菌類の仁義なき共生関係 竹本 周平
       トイレになった食虫植物!? 石塚 正純
       ソウ類は植物ではないの? 棟方 良
       脂肪の消化について 松本 忠和
       糖の甘みを感じてみよう 小沼 順子
    • 一生に一度は行きたい自然・科学スポット
       小笠原父島でザトウクジラウォッチング 左巻 健男
        鶴と亀を訪ねて、「コウノトリの郷」と「玄武洞」 久米 宗男
       だるま朝日 松島 文子
       種差海岸の植物 井上 貫之
    • 編集長エッセイ 左巻 健男
    • RikaTan読書室 吉田 のりまき
    • RikaTan広場  井上 秀喜/松井 真由美

    人気ブログランキングへ

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧