« 季刊 理科の探検 (RikaTan) 2014年 夏号 #rikatan | トップページ | 近地点の満月(スーパームーン)の次の日の月 »

2014年8月 1日 (金)

古代エジプトのヒエログリフに「レンズ」を意味する文字が?

Photo

Wikipediaの眼鏡を読んでいたところ、次のような一文を見つけました。

歴史
発明以前
レンズを使って物を(拡大して)見ることに関しては、紀元前8世紀の古代エジプトのヒエログリフに「単純なガラス製レンズ」を表す絵文字がある。

この文章には、参考文献がないのですが、これに続く文章は次の文章になっており、この文章には参考文献があげられています。

レンズで拡大して見ることについての具体的な記録としては、紀元1世紀皇帝ネロの家庭教師だった小セネカが「文字がどんなに小さくて不明瞭でも、水を満たした球形のガラス器やグラスを通せば、拡大してはっきり見ることができる」と書いている[1]。
[1] Kriss, Timothy C.; Kriss, Vesna Martich (April 1998), “History of the Operating Microscope: From Magnifying Glass to Microneurosurgery”, Neurosurgery 42 (4): 899–907

ただ、この文献はおそらく小セネカの話であり、エジプトのヒエログリフのレンズに関する言及はないだろうと考えつつ、この論文のタイトルにegyptの文字を加えたキーワードで検索してみました。すると、この論文を参考文献として掲げている下記のドキュメントが見つかりました。

 この論文は上記をクリックすると読むことができますが、エジプトのヒエログリフのレンズの話が参考文献を参照しながら書かれています。

History of eyeglasses

Precursors

-Lenses in ancient Egypt

The earliest historical reference to magnification dates back to ancient Egyptian hieroglyphs in the 5th century BC, which depict “simple glass meniscal lenses”. [1]、

[1] Kriss, Timothy C.; Kriss, Vesna Martich (April 1998), “History of the Operating Microscope: From Magnifying Glass to Microneurosurgery”, Neurosurgery 42 (4): 899–907

この論文は先のWikipediaで参照していた論文と同じものです。どうやら、この論文の中で、ヒエログリフのレンズの話が言及されているようです。

英語版のWikipedia Lens(Optics)にも同じ論文が参照されていて、ヒエログリフのレンズの話が掲載されていますが、注釈で「要確認」となっています。

simple glass meniscal lenses、簡単なガラス製の半月レンズ。これのヒエログリフがどんなものなのか、今のところわかりません。紀元前8世紀なのか、紀元前5世紀なのかも、表記がふらついていますが、この頃、レンズに使えるような透明なガラスが作れるようになっていたとは思えないのです。しかし、水晶玉などはあったはずです。

人気ブログランキングへ

|

« 季刊 理科の探検 (RikaTan) 2014年 夏号 #rikatan | トップページ | 近地点の満月(スーパームーン)の次の日の月 »

レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/56960259

この記事へのトラックバック一覧です: 古代エジプトのヒエログリフに「レンズ」を意味する文字が?:

« 季刊 理科の探検 (RikaTan) 2014年 夏号 #rikatan | トップページ | 近地点の満月(スーパームーン)の次の日の月 »