« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月25日 (金)

パラパラ漫画から飛び出した? ハロウィンパーティー子ども用 光る服 

パラパラ漫画などによく出てくる人の絵が登場。これがリアルな世界で動き出します。

Photo

その様子を撮影した映像がこちらなのだそうです。漫画がちょこちょことと動き回ります。

Baby LED light suit halloween costume preview

これはハロウィンパーティ用に作られたLEDライトで作られた光る服だそうです。

正体は女の子でした。

ハロウィンパーティでは大人気となること間違いないでしょう。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

錯視を利用したHONDAのCM

HONDAが錯視を利用したディーゼル車CR-V 1.6のCM映像を作成しました。

杭に突っ込んでいく自動車、果たして、その運命は?

Hondacrv16

こちらの映像を見ると一目瞭然です。

OFFICIAL HONDA - The New CR-V 1.6 Diesel film

錯視を利用した画像というと、だいたいが静止画ですが、これはその様々な静止画の中を現実の自動車が走り抜ける動画です。

錯視の静止画に平面を走る動く自動車を組み込み、躍動感と驚き、そして意外性のある映像を作り上げています。このアイデア凄いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

踊るペンキ! カラー・スピーカー

スピーカーのコーンに赤色、黄色、緑色、青色のペンキを注いで、音を鳴らします。その様子を、超高速撮影した映像です。

Photo

音楽を鳴らすと、ペンキが涌き立ちます。まるで踊っているかのようです。

Paint on a Speaker at 2500fps - The Slow Mo Guys

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

ろうそくのシーソー Candle Seesaw

ろうそくを使った理科の実験です。

ろうそくの両側から芯を出します。そして、ろうそくの両端の万日の部分に軸を通します。この軸を2つ並べたワイングラスの上に静かに置いて、ろうそくの両脇の芯に火をつけます。

Amazing Candle Trick!

火のついた芯はろうを溶かしてていきますが、両端の重さのバランスが崩れると、ろうそくがシーソーのような動きを始めます。

ろうそくの振れはどんどん大きくなり・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

高温の物体から出る光 熱放射

11

 高温に熱せられたものが光を出すことは多くの人が経験から知っていると思います。たとえば、写真のような電気ストーブは、ヒーターが高温になると、ヒーターから赤い光が出てきます。高温の物体から光が出てくるしくみを考えてみましょう。

 電熱線に電気と通すと、発熱と同時に暗赤色になります。電熱線は温度が高くなるにつれて明るい色を出します。このとき、電熱線が発熱するのは、電熱線の金属原子が振動するからです。原子が振動するとき、原子の中の電子は原子より軽いため、より激しく振動します。電荷をもつ電子が振動すると、電磁波が発生します。

 冷たい氷を含めて、あらゆる物体は熱をもち赤外線を出しています。これは電子の振動に由来します。そして、物体の温度が上昇して電子の振動エネルギーが可視光線のエネルギーに相当する大きさになると、目に見える光が出てきます。電子の振動が激しくなるにつれて、光の波長の種類と光の量が増え、やがて白色光や青白い光が出てくるようになります。このように物体が熱を光として出す現象を熱放射といいます。熱放射で物体から出てくる光の色や強さは、物体によらず温度で決まります。これを黒体輻射といいます。

2

 身近な例では、白熱電球は、熱放射で光を出しています。白熱電球は電気エネルギーを熱エネルギーに変換してから光を出すため、電気エネルギーを光に変換する効率が低く、100ワットの電球で10%程度しかありません。そのため、光っている電球は非常に熱くなっています。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »