« 環水平アーク | トップページ | 図解入門レンズの基本と仕組み[第2版]-身近な現象と機器に学ぶ光学入門 »

2013年3月21日 (木)

15000リットルの雨水と66000個の紙コップで作ったアート

ひとつひとつの紙コップに色をつけた雨水を入れて、並べていきます。

Yt

いったい何ができるあがるのでしょうか。

THE WORLD'S LARGEST ARTISTIC (RAIN)WATER MOSAIC BY ARTIST BELO

100人以上が62時間をかけて作ったそうですが、そこに現れたのは紙コップと色水による並置加法混色で作られた胎児の絵でした。

このアートを作成するのために使用した水の量は1万5千リットル、紙コップの数は6万6千個。割り算すると、紙コップ1個あたり約230ミリリットルの水が入っている計算になります。紙コップの円周の合計は5.2キロメートル(1個あたりの円周7.8センチメートル)もなるそうです。

人気ブログランキングへ

|

« 環水平アーク | トップページ | 図解入門レンズの基本と仕組み[第2版]-身近な現象と機器に学ぶ光学入門 »

YouTube」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/50867973

この記事へのトラックバック一覧です: 15000リットルの雨水と66000個の紙コップで作ったアート:

« 環水平アーク | トップページ | 図解入門レンズの基本と仕組み[第2版]-身近な現象と機器に学ぶ光学入門 »