« リニアモーターカーはどうやって走る? | トップページ | 季刊 理科の探検 (RikaTan) 2013年 春号(3~5月号) #rikatan »

2013年2月16日 (土)

ロシアに落下した隕石 (まとめ映像)

米航空宇宙局(NASA)によると、15日にロシア南部チェリャビンスク州に落下した隕石は、大気圏突入前で直径15メートル、質量7千トンだったようです。この隕石は火星と木星の間に存在する小惑星帯から飛来してきたものと考えられています。

大気圏突入時の隕石の速度は毎秒約18キロメートル(=毎秒18000メートル)だったようです。音速を340メートルとして計算すると、なんとマッハ53もの速さです。物体の速さが音速を超えると、空気急激にが圧縮され、空気の振動が波として伝わります。その波を衝撃波と言います。

隕石は高度25キロメートル当たりで大爆発しましが、TNT爆弾で300キロトンのエネルギーが衝撃波として伝わったと考えられています。いかに甚大な被害が出たかわかります。

多くの人が負傷しましたが、不幸中の幸いは死者が出なかったことです。隕石が落下した場所が湖だったのが良かったのでしょう。

Meteorite

どなたかがまとめ映像をYouTubeにアップしてくれていますが、これを見ると本当にすごいです。爆発音が入った映像もあります。

昔とは違って、現在は普段からカメラを持った多くの人がいて、ドライブレコーダなどカメラを搭載した自動車がたくさん走り、いたるところに監視カメラがあります。現在だからこそ決定的な瞬間が映像が撮影され、瞬時に世界中に配信されたわけです。情報社会は10年前より確実に進化しています。

ロシアに隕石が落下する瞬間のまとめ動画 Meteorite Falls In Russia urals

人気ブログランキングへ

|

« リニアモーターカーはどうやって走る? | トップページ | 季刊 理科の探検 (RikaTan) 2013年 春号(3~5月号) #rikatan »

YouTube」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

自然現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/49445062

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアに落下した隕石 (まとめ映像):

« リニアモーターカーはどうやって走る? | トップページ | 季刊 理科の探検 (RikaTan) 2013年 春号(3~5月号) #rikatan »