« 半透明の口でガブガブ? オオグチホヤ | トップページ | 不思議な部屋 この錯視どうなっている? »

2012年12月21日 (金)

虹色のユーカリの木 Rainbow Eucalyptus

ニューブリテン、パプアニューギニアなどに虹色のユーカリの木の仲間が生息しているそうです。表面の樹皮が向けると、緑色の内樹皮が現れ、その樹皮が時間の経過とともに色づくのだそうです。色がつくのは紅葉と同じような仕組みとのことです。緑色の色素が時間の経過とともに分解して変色するのだろうと思います。

この木はパルプや紙の製造にも使われ、フィルピンでは植林されているそうです。

Rainboweucalyptus

こちらが虹色の木の映像です。

Rainbow Eucalyptus

人気ブログランキングへ

|

« 半透明の口でガブガブ? オオグチホヤ | トップページ | 不思議な部屋 この錯視どうなっている? »

生物」カテゴリの記事

自然現象」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/48409372

この記事へのトラックバック一覧です: 虹色のユーカリの木 Rainbow Eucalyptus:

« 半透明の口でガブガブ? オオグチホヤ | トップページ | 不思議な部屋 この錯視どうなっている? »