« ピンホール現象で笑い顔 | トップページ | 半影月食 2012年11月28日 »

2012年11月21日 (水)

季刊 理科の探検 (RikaTan) 2012年 冬号(12~2月号) #rikatan

観る・知る・遊ぶ-理科の楽しさを実感!

新装季刊「理科の探検」第4号2012年冬号が明日11月26日に発売されます。月刊RikaTanと比べて、ページ数を約50%増しの144ページ充実した内容をお楽しみください。

冬号の特集は「地球からの贈り物 鉱物の魅力」、56ページのこれ1本です。鉱物の出来方から宝石まで、鉱物採集や鉱物を使った遊びなど楽しい記事が満載です。

100円ショップの時計は簡単に逆転させることができ、文字盤を変えれば逆さ時計を作ることが出来ます。なぜ?どのようにして?「超シンプル100円ショップの時計のモーター」をご覧ください。

出版社: 文 理; 季刊版 (2012/11/26)
ASIN: B00A0S9OZY
発売日: 2012/11/26

編集後記

 鉱物というと、中学校の理科で覚えた記憶がある人も多いはず。なんだか普段の生活とはかけ離れたところにあるように感じませんか?ところが、今月の特集のように実は身近なところに鉱物はいっぱいあります。子どもの頃には綺麗な石ころを見つけただけで嬉しくなったもの。今回の特集でそんな懐かしさを再び体験する事になりそうな予感でがします。北海道は積雪期に入りますから、春までその楽しみはお預けです。

 今年の夏はアルコールロケットのイベントを5回行いました。点火してアルコールを爆発燃焼させるためにはアルコールが蒸気になっている必要があり、気温の高い夏にイベントが集中します。長年やってきたのですが今年初めて、気温が高く、アルコールが蒸発しやすい屋外で不発が多く発生する経験をしました。アルコール蒸気濃度が高すぎたのです。
理論的には起こりえることが現実に起こった。まだまだ新しい発見があります。

 1669年、デンマークのバルトリンは論文「複屈折する氷州石の実験」で、氷州石の結晶ごしに物を見ると、像が二重
に見え、結晶を回転すると一方の像は結晶と一緒に動くが、一方の像は動かないことを報告した。氷州石はアイスラン
ド産の方解石で、この現象は複屈折と呼ばれる。フレネルは複屈折の研究で光が横波であることを突き止め、ファラ
デーは偏光と電磁気の研究で光は電磁波であると予言した。光学の歴史は鉱物様様である。

RikaTan 2012年冬号

目次

特集 地球からの贈り物 鉱物の魅力

  • 鉱物って何だろう? 田中 陵二
  • 水晶の見方・楽しみ方 田中 陵二
  • 鉱物採集記 二上山のガーネット、サファイア 留岡 昇
  • 誕生石12カ月 横山 光
  • お宝ザクザク!心ウキウキ! 鉱物の祭典「ミネラルショー」 吉田 晴彦
  • 身のまわりに鉱物がいっぱい-もっとも硬いダイヤモンドを中心にして- 左巻 健男
  • 鉱物はどのようにしてできるの? 高須 佳奈・高須 晃
  • 造岩鉱物超入門 ─カンラン石・輝石・角閃石・雲母・石英・長石─ 平賀 章三
  • 鉱物探し入門 門馬 綱一
  • 鉱物採集記 花こう岩ペグマタイト 北川 達彦
  • 鉱物採集記 甲武信鉱山 左巻 健男
  • 火山灰から鉱物を見つける 井上 貫之
  • 黄鉄鉱のペンダントづくり 留岡 昇
  • 火打石に挑戦 河原 孝
  • コハクやテレビ石の遊び方 横須賀 篤
  • 石と鉱物のワークショップ 網倉 聖子

連載

  • フロンティアショット 脳みそからキノコ?! 木原 久美子
  • また、はれときどきカメ 【第3回】 林本 ひろみ
  • ニッポン野生生物リサーチ戦隊【第三話】 里中 遊歩
  • 幼児向けの「造形かがく遊び」の教室から 融けたり固まったり ロウの「移し絵」  立花 愛子
  • 極めてデジフォト 第9回 天界巡航のたのしみ 池田 圭一
  • ちょい悪おやじの生物学 第三回 ホームセンターでで学ぶ 青野 裕幸
  • Science4you 天然樹脂のおはなし 桑嶋 幹
  • 散歩道で感じる 日本の四季  岩槻 秀明
  • ねぼすけさんとだぶさんの鉱物を探しに行こう! 田中 陵二
  • サイエンスカフェへようこそ さかさパンダ
  • 四季のねじ 冬のねじ 門田 和雄
  • はいまん彩 川端 一生
  • 数楽しよう!~エッシャーシンメトリーの世界~ 岡田 晃次
  • 黒ラブ教授のたまごかけごはん ヽ(´▽`)/ 黒ラブ教授
  • 話題の動物たち 第3回 今泉 忠明
  • リカ先生の10分サイエンス(54) 科学を伝えるという事 田崎 晴明/田崎 真理子
  • RikaTanプラネタリウム 木星に注目! 小野 夏子
  • 妄想似非科学 #3 佐藤 実
  • 科学だけでは解けません! 第三回 占いとの付き合い方(2) みわ よしこ
  • ブレッドボードで遊ぶ電気と電子回路 第3回 三本足の魔法使い トランジスタ 福武 剛
  • MISSION:SEMPOSSIBLE 「生活に役立つ微化石を撮影せよ!」 加藤 琢也
  • 数多あるもう一つの未来-SFが予言した世界- 第3回「闇の左手」 大西 光代

シリーズ連載

中学入試をたのしもう

  • 物理・化学  中学入試に出た「すっとびボール 蔵之上 義史
  • 生物・地学  植物の水をめぐる戦略 玉野 真路

やってみよう 実験・ものづくり

  • 振れば振るほど分かれていく!?ブラジルナッツ効果 石塚 正純
  • リモコンから出る赤外線を写してみよう 船田 智史
  • ペットボトルで雲を作ろう 山本 俊介
  • 嫌われ者の静電気を味方につけて人気者になろう 富田 香
  • プラスチックコップの静電気コンデンサー 横内 正
  • 室内ブーメラン 舩田 優
  • 雪の結晶と中谷ダイヤグラム 横内 正
  • ごみ袋で作ってよくあがる「ぐにゃぐにゃだこ」 田中 一樹
  • 光を使ってコマの回転速度を測ろう 大川 祐輔
  • 地衣類から結晶を取り出そう! 村山 一将

たのしい理科と自然の小話

  • コケではない苔 ― 地衣類 ― 村山 一将
  • コーヒーサイフォンのしくみ 山本 俊介
  • 超シンプル!百円ショップの時計のモーター 福武 剛
  • 2つの温暖化 丸山 文男

一生に一度は行きたい自然・科学スポット

  • 十和田湖 冬の上高地 横内 正
  • 白谷雲水峡 ~コケの育む森へ~ 日上 奈央子
  • 南方熊楠記念館 久米 宗男
  • ノーベル医学生理学賞にiPS細胞作製の山中伸弥氏  玉野 真路
  • RikaTan読書室 稲山 ますみ
  • RikaTan広場   井上 秀喜/松井 真由美
  • 編集長エッセイ 左巻 健男

人気ブログランキングへ

|

« ピンホール現象で笑い顔 | トップページ | 半影月食 2012年11月28日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/47777984

この記事へのトラックバック一覧です: 季刊 理科の探検 (RikaTan) 2012年 冬号(12~2月号) #rikatan:

« ピンホール現象で笑い顔 | トップページ | 半影月食 2012年11月28日 »