« ラストフライト スペースシャトル・エンデバーが最後の空に飛び立つ  | トップページ | 東京駅のプロジェクションマッピング »

2012年9月23日 (日)

リチャード・ファインマン博士の二重スリットの思考実験の講義

とても良い時代です。1964年のリチャード・ファインマン博士の授業の映像をこうも簡単に見ることができるのですから。

Richard_feynman_nobel

量子論は1個の電子が波の性質をもつことを明らかにしました。光が波であることを証明したヤングの実験において、光の代わりに電子を1個ずつ二重スリットに通すと、電子は回折・干渉を起こし、波の性質を現しました。

この講義は、1個の電子が同時に2つのスリットを通ったのかどうかは確かめることはできないということを明らかにするための思考実験について説明したものです。

Richard Feynman on the Double Slit Paradox: Particle or Wave?

人気ブログランキングへ

|

« ラストフライト スペースシャトル・エンデバーが最後の空に飛び立つ  | トップページ | 東京駅のプロジェクションマッピング »

YouTube」カテゴリの記事

量子力学」カテゴリの記事

電磁気学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/47188658

この記事へのトラックバック一覧です: リチャード・ファインマン博士の二重スリットの思考実験の講義:

« ラストフライト スペースシャトル・エンデバーが最後の空に飛び立つ  | トップページ | 東京駅のプロジェクションマッピング »