« 度数を変更できる流体レンズ | トップページ | リチャード・ファインマンの量子力学の講義 »

2012年9月 7日 (金)

玉虫色 - 用語

どこぞの政党は玉虫色だという話をよくききます。玉虫色はどんな色でしょうか。

広辞苑では玉虫色は次のように説明されています。

たまむし‐いろ【玉虫色】
(1)玉虫の羽のように光線の具合で緑色や紫色に見えたりする染色または織色。世間胸算用(3)「―の羽織は」
(2)襲(かさね)の色目。表は青、裏は紫。
(3)見方によっていろいろに受け取られるような、あいまいな表現。「―の調停案」

どれも昆虫のタマムシの色が由来しています。タマムシの色というのは、こんな感じの色です。

美しいタマムシ

タマムシの体の表面は、薄い膜が何枚も積み重なった多層膜となっています。その多層膜に光が当たると、光は多層膜の中に入り、それぞれの膜で反射する光が干渉を起こします。その干渉した光の色がタマムシの色です。このような仕組みで生じる色を構造色といいます。仕組みは当ブログの「その色、どこから」 で説明 しています。

なお、構造色を観察するとき、偏光板を通して見ると、いろいろと面白いです。

上述の広辞苑の解説の(1)はまさにタマムシの色のような色ということです。

(2)は襲の色目(かさねのいろめ)とは、女性の平安装束(へいあんしょうぞく)の十二単(じゅうにひとえ)などに使われる色の組み合わせのうち、特に表裏を重ねるもののことです。その中に表が青で、裏が紫という組み合わせがありますが、これを玉虫色と呼びます。なお、ここでの青は、どちらかというと緑色に近い色です。

(3)は構造色が光の加減や見る方向によって異なるように見えることから、あいまいな態度などのことを玉虫色と表現します。

しかし、政治の玉虫色が構造色というのは綺麗すぎて納得いきません。コフキコガネのような色を想像してしまいます(^_^;)

人気ブログランキングへ

|

« 度数を変更できる流体レンズ | トップページ | リチャード・ファインマンの量子力学の講義 »

用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/46981943

この記事へのトラックバック一覧です: 玉虫色 - 用語:

« 度数を変更できる流体レンズ | トップページ | リチャード・ファインマンの量子力学の講義 »