« 大都会と大自然の類似性 We are all connected | トップページ | チョークアート »

2012年8月30日 (木)

スペクトルとはなにか(1)

 1666年、イギリスの物理学者アイザック・ニュートンは太陽光をプリズムに通すと虹のような連続した光の色の帯が現れる現象を発見しました。このような現象が起こるのは、太陽光に含まれる可視光線がプリズムで屈折して、さまざまな色の光に分かれるからです。ニュートンはこの連続した光の色の帯のことをスペクトルと名付けました。

Prismnewton

 一般的に、スペクトルとは光の成分を波長の順に並べたもののことをいいます。光は波長によって分類することができますが、スペクトルも光の波長範囲によって可視スペクトル、赤外スペクトル、紫外スペクトル、X線スペクトルなどに分類されます。

ニュートンが発見した太陽光の光の色の帯は、太陽光に含まれる可視光線のスペクトルです。

Vislight

太陽光から出る光のスペクトルは次の図のようになります。これは、横軸を波長、縦軸を光の強度で表したスペクトルです。

Prismnewton

人気ブログランキングへ

|

« 大都会と大自然の類似性 We are all connected | トップページ | チョークアート »

光のおはなし」カテゴリの記事

光学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/46805580

この記事へのトラックバック一覧です: スペクトルとはなにか(1):

« 大都会と大自然の類似性 We are all connected | トップページ | チョークアート »