« 天空の鏡 世界一の大きさの平面鏡 ウユニ塩湖 | トップページ | 炎のイリュージョン »

2012年8月25日 (土)

すさまじい威力の自作の太陽炉

米国の19才の少年が5800個の鏡を使って作ったR5800という名前の凹面鏡です。直径1メートルのパラボラアンテナに鏡を貼り付けて作ったそうです。この凹面鏡の焦点に物体を置くと、あっという間に物体が燃焼してしまうのですが、その威力は金属を溶融させるほどで、まさに太陽炉のようです。この簡単な装置で、焦点の位置の温度は3600℃にもなるそうです。

Solar "Death Ray": Power of 5000 suns!

ただ、このR5800は格納していた小屋が火事になってしまい燃えてしまったそうです。火事の原因はよくわかっていないようですが、小屋に入り込んだ光がR5800に集められて小屋に火をつけた可能性があるとのことです。ものを燃やす装置が自分を燃やしてしまったことになります。ネット上では、装置が自殺したなんて書かれています。

人気ブログランキングへ

|

« 天空の鏡 世界一の大きさの平面鏡 ウユニ塩湖 | トップページ | 炎のイリュージョン »

光のおはなし」カテゴリの記事

反射」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/46818759

この記事へのトラックバック一覧です: すさまじい威力の自作の太陽炉:

« 天空の鏡 世界一の大きさの平面鏡 ウユニ塩湖 | トップページ | 炎のイリュージョン »