« 物体の表面に背景を投影する 透明人間になるおはなし(3) | トップページ | 月までと同じ距離に惑星があったらどれぐらいの大きさに見えるか »

2012年6月 8日 (金)

日本最古の月食の記録

 月食は遙か太古の昔からあった現象ですが、日本最古の月食の記録は日本書記に書かれているものです。

 その最も古い記録には、「月有蝕之-皇極二年庚戌朔乙丑」とあります。皇極二年庚戌朔乙丑は皇極天皇2年5月16日で643年6月8日です。

 計算によると、この月食は月が沈んだ後に起きたようですから、実際に観測できたわけではなかったようです。暦算による記録と考えられています。

 それでは、実際に観測できたであろう月食の日本最古の記録がいつだったというと、「月蝕一天武九年十一月丁亥」。これは天武天皇九9年11月16日、つまり680年12月12日です。このときの月食は部分月食だったようです。

人気ブログランキングへ

|

« 物体の表面に背景を投影する 透明人間になるおはなし(3) | トップページ | 月までと同じ距離に惑星があったらどれぐらいの大きさに見えるか »

今日は何の日」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/45574862

この記事へのトラックバック一覧です: 日本最古の月食の記録:

« 物体の表面に背景を投影する 透明人間になるおはなし(3) | トップページ | 月までと同じ距離に惑星があったらどれぐらいの大きさに見えるか »