« 学研の『科学』が書籍として復活 | トップページ | 色の錯覚 色相対比 »

2012年6月 1日 (金)

レーザー光線で空間に高解像度で3D表示

この映像はレーザー光線を使って空間に5万点のドットを表示して映像を映し出す装置です。最初は幾何学模様のような3D画像が出ていますが、後半は魚やマスクの映像などが出てきます。

このように空中に映像を投影して360度どこからでも見えるような装置があると面白いですが、なかなかテレビのような綺麗な映像を出すには至らないようです。

任意の空間に5万点のドットを表示可能な3D表示技術 #DigInfo

人気ブログランキングへ

|

« 学研の『科学』が書籍として復活 | トップページ | 色の錯覚 色相対比 »

YouTube」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

光のおはなし」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/45481475

この記事へのトラックバック一覧です: レーザー光線で空間に高解像度で3D表示:

« 学研の『科学』が書籍として復活 | トップページ | 色の錯覚 色相対比 »