« 単色光 - 用語 | トップページ | 雲の中の天体ショー 金環日食  »

2012年5月18日 (金)

日本で初めて商業衛星打ち上げに成功 H2Aロケット

18日午前1時39分、三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が種子島宇宙センターからH2Aロケット21号機を打ち上げました。このH2A21号機には韓国の多目的実用衛星アリラン3号とJAXAの水循環変動観測衛星「しずく」が搭載されています。

H2Aは高度約680キロの周回軌道に達し、約16分後にアリラン3号を、約23分後にしずくを切り離しました。その後、九州工業大の鳳龍2号、JAXAの小型衛星2基を軌道に投入しました。すべての衛星は軌道を正常にまわっているようです。

韓国のアリラン3号は高解像度光学カメラを備えており、地上を撮影して解析する目的の衛星です。

JAXAのしずくは地上からの微弱なマイクロ波を受信することができるセンサーを搭載した水循環変動観測衛星です。地上の水分量、大気中の雨や水蒸気、海面温度の変動などを調べることができ、水環境の変動に関する研究、気象観測の精度向上などが期待されます。しずくはいわゆるリモートセンシングの衛星です。

 →【関連記事】宇宙から地球を監視する リモートセンシング(光と色と)

さて、アリラン3号は韓国から三菱重工業が打ち上げを受注したものです。今回のH2Aロケットの打ち上げ成功は、日本初の商業衛星の打ち上げ成功となりました。

H2Aロケットは2005年7号機から15回連続で打ち上げに成功しています。打ち上げの信頼性、衛星投入の正確性も高まっています。海外のロケットとの競争も厳しい状況ではありますが、今回のH2Aロケットの打ち上げは、日本の商業衛星打ち上げの受注増加の期待を広げるものとなりました。

次の動画はJAXAが公開したものです。ロケットの説明、衛星の説明などがありますので、全部で1時間以上の長さがあります。打ち上げは38分ぐらいから見ることができます。38分25秒ぐらいに点火です。

第一期水循環変動観測衛星「しずく」打ち上げライブ中継

人気ブログランキングへ

|

« 単色光 - 用語 | トップページ | 雲の中の天体ショー 金環日食  »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/45306029

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で初めて商業衛星打ち上げに成功 H2Aロケット:

« 単色光 - 用語 | トップページ | 雲の中の天体ショー 金環日食  »