« 透明な体のカエル Glass Frog | トップページ | ものが水に濡れるとなぜ色が濃く見えるか »

2012年4月12日 (木)

頭部が透明な深海魚デメニギス

デメニギス(学名:Macropinna microstoma)という深海魚の特徴は頭部が透明なことです。

デメニギスは1939年に存在が確認されましたが、実際に生きた状態が確認されたのは2004年で、このときに頭部が透明であることがわかりました。下記の映像では大きな体をしているように見えますが、全長は約15センチメートルしかありません。

頭部は透明な膜となっており、その中に特徴的な円筒形の管状眼があります。管状眼は自由に回転することができるため、視野が極めて広く、あらゆる方向性が見えるそうです。

なお、映像で目のように見える2つの穴は鼻に相当する臭覚器官であり眼ではありません。

深海魚デメニギス (Macropinna microstoma)

あんたの正体はいったいなんなんだ!という感じの魚です。キカイダーではありません。

人気ブログランキングへ

|

« 透明な体のカエル Glass Frog | トップページ | ものが水に濡れるとなぜ色が濃く見えるか »

生物」カテゴリの記事

YouTube」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/44839204

この記事へのトラックバック一覧です: 頭部が透明な深海魚デメニギス:

« 透明な体のカエル Glass Frog | トップページ | ものが水に濡れるとなぜ色が濃く見えるか »