« ものが水に濡れるとなぜ色が濃く見えるか | トップページ | 透明な体のレプトケファラス »

2012年4月15日 (日)

2012年5月21日は金環日食

2012年5月21日に九州地方から関東地方にかけた広範囲で金環日食を見ることができます。日本で金環日食を見ることができるのは、1987年に沖縄で観測されて以来、実に25年ぶりのことです。

日食は太陽が地球に隠れる現象です。地球から見たときの、月と太陽の見かけの大きさは、地球と月、地球と太陽の距離で変わります。

月の見かけの大きさが、太陽の見かけの大きさよりも大きければ、太陽は月にすっぽりと隠れるので皆既日食となります。太陽が隠れるので、あたりが暗くなります。

金環日食は、月の見かけの大きさが、太陽の見かけの大きさよりも、小さいときに見ることができる現象です。月のまわりに、光のリングが見えるので、皆既日食のように、コロナを見ることはできませんし、あたりが真っ暗にもなりません。ただし、太陽の90%近くが隠れた地域では、やや暗くなったかなというのはわかると思います。

日食の仕組み、5月21日の日食については次の動画がわかりやすいです。

2012年5月21日 金環日食を楽しもう!

人気ブログランキングへ

|

« ものが水に濡れるとなぜ色が濃く見えるか | トップページ | 透明な体のレプトケファラス »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/44889780

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月21日は金環日食:

« ものが水に濡れるとなぜ色が濃く見えるか | トップページ | 透明な体のレプトケファラス »