« カメラ・オブスクラ年代記 (朝日選書) | トップページ | ハイゼンベルクの顕微鏡~不確定性原理は超えられるか »

2012年1月20日 (金)

カメラ・オブスキュラの時代 (ちくま学芸文庫)

カメラ・オブスキュラの時代 (ちくま学芸文庫)

中川 邦昭 著

先日、カメラ・オブスクラ年代記 (朝日選書)を紹介しましたが、この本もカメラの歴史について詳しく書かれた一冊です。

この本も既に中古品しか入手できません。ただし、年代記の方は高い値がついてしまっていますが、こちらはリーズナブルの価格がついていますので、興味のある人は購入しておくと良いと思います。

61offyqpwdl__sl500_

内容「BOOK」

ピンホールを通して外界の風景を捉える装置、「写真鏡(カメラ・オブスキュラ)」。カメラの前身になったといわれるこの機器を通すと、人間の視覚が捉える映像を、客観的に写しとることができる。ダ・ヴィンチやフェルメールなど西洋の画家たちはこの写真鏡を用いて下絵をトレースし、日本では洋風画の先駆者らが取り入れた。カメラマンでもある著者が、人間の目に映った映像がどのように絵画作品になっていったのか、写真鏡をとおして東西美術史を検討しなおす。

文庫: 289ページ
出版社: 筑摩書房 (2001/08)
ISBN-10: 4480086552
ISBN-13: 978-4480086556
発売日: 2001/08
商品の寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm

目次

序章 「映像」とは
第1章 「写真鏡」とは何か―西欧の写真鏡の通史
第2章 「写真鏡」の渡来
第3章 遠近法による視覚の変革―洋風画の胎動
第4章 遠近法の浸透―蘭学の隆盛と洋風画・銅版画の成立
第5章 日常化した遠近法―洋風画の消化
第6章 写真の発明―写真鏡から写真機へ

人気ブログランキングへ

|

« カメラ・オブスクラ年代記 (朝日選書) | トップページ | ハイゼンベルクの顕微鏡~不確定性原理は超えられるか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/43802918

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・オブスキュラの時代 (ちくま学芸文庫) :

« カメラ・オブスクラ年代記 (朝日選書) | トップページ | ハイゼンベルクの顕微鏡~不確定性原理は超えられるか »