« 21日夕方皆既月食 | トップページ | メタマテリアル-負の屈折率をもつ物質 »

2010年12月22日 (水)

宇宙から見た月食

昨日は雨で皆既月食を見ることができませんでした。北海道では綺麗に見えたようです。ここのところ天文ショーは悪天候が続いて見ることができていません。残念だなと思っていたところに送られてきたのが、NASAのNews Serviceです。

スペースシャトルから見た月食の写真です。

地球から見た皆既月食時の月は、地球の大気の影響で赤く見えます(大気の層で青色光が散乱し、赤色光が月に届く。夕焼けと同じような原理)。月が地球の影に隠れるわけですから、月を照らしている光はまさに地球近傍を通った光だからです。これはスペースシャトルから見た場合も同じだろうと思います。ただし、この写真の月の欠け具合では地球から見たときも赤くは見えません。

Discovery and the Lunar Eclipse [ http://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_1827.html ]"Mon, 20 Dec 2010 23:00:00 -0600"

507052main_image_1827_946710

Space shuttle Discovery waits to roll back from Launch Pad 39A to the Vehicle Assembly Building (VAB) at NASA's Kennedy Space Center in Florida in the early morning hours of Dec 21, 2010, with the beginning of the total lunar eclipse clearly in view. Once inside the VAB, Discovery's external fuel tank will be examined and foam reapplied where 89 sensors were installed on the tank's aluminum skin for an instrumented tanking test on Dec. 17. The sensors were used to measure changes in the tank as
super-cold propellants were pumped in and drained out. Data and analysis from the test will be used to determine what caused the tops of two, 21-foot-long support beams, called stringers, on the outside of the intertank to crack during fueling on Nov. 5. Discovery's next launch opportunity is no earlier than Feb. 3, 2011. Image Credit: NASA/Kim Shiflett

人気ブログランキングへ

|

« 21日夕方皆既月食 | トップページ | メタマテリアル-負の屈折率をもつ物質 »

天文」カテゴリの記事

自然現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/38171877

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙から見た月食:

» 新着情報!皆既月食の写真+情報1 [RikaTan 理科の探検:blog       ]
こんにちは、みなさん。                   理科子です。 12月 [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 23時33分

« 21日夕方皆既月食 | トップページ | メタマテリアル-負の屈折率をもつ物質 »