« LEDが光る仕組み(2) | トップページ | ライターの炎とガスコンロの炎 »

2010年3月 3日 (水)

普通のガラス板を重ねると

普通のガラス板は正面から見ると透明に見えますが、断面を見ると緑色に見えます。これはガラスに含まれている不純物が光を吸収するからです。

次の図は厚さ1.5cmのガラスを2枚重ねて撮影した写真です。左右の厚さの差は1.5 cmですが、左側が緑色を帯びて暗くなっていることがわかります。

このガラスを何枚も重ねていくと、どんどん暗くなっていき、やがて光がまったく通らなくなります。

Photo

光透過率の悪いガラスでレンズを作ると、カメラでは写真が暗くなり、映写機ではスクリーンに投影する像が暗くなります。

人気ブログランキングへ

|

« LEDが光る仕組み(2) | トップページ | ライターの炎とガスコンロの炎 »

コラム」カテゴリの記事

光学」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/33610568

この記事へのトラックバック一覧です: 普通のガラス板を重ねると:

« LEDが光る仕組み(2) | トップページ | ライターの炎とガスコンロの炎 »