« 全身を映すために必要な鏡の大きさ | トップページ | アイザック・ニュートンの誕生日(1643/01/04) »

2010年1月 2日 (土)

屈折率の異なる物質中を通る光

屈折率の違う物質を層状に重ねた物体に光を通すと、光は次の図の左側のように境界面で屈折しながら進みます。光の進む向きが変わるのは境界面なので、光は同じ屈折率の層中は直進することがわかります。

各層の厚さを小さくすればするほど、ひとつの層内で光が直進する距離が短くなります。図の右側のように連続的に屈折率が変化する物質では、光は物質中を曲線的に進むことになる。

Photo

フェルマーの原理では「光は2点間の最短時間の経路を進む」と説明されます。連続的に屈折率が変化する物質において、光が物質に入る位置と、光が物質から出てくる点をその2点と定義すると、もはや光の経路は直線ではありません。

光が最短時間の経路を取るということと、光の直進性を結びつけて考え過ぎると、かえって理解の妨げになるかもしれません。

人気ブログランキングへ

|

« 全身を映すために必要な鏡の大きさ | トップページ | アイザック・ニュートンの誕生日(1643/01/04) »

光学」カテゴリの記事

屈折」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/32826783

この記事へのトラックバック一覧です: 屈折率の異なる物質中を通る光:

« 全身を映すために必要な鏡の大きさ | トップページ | アイザック・ニュートンの誕生日(1643/01/04) »