« 海上に現れる蛤の化け物 蜃気楼の仕組み | トップページ | 鏡の中の世界はどこまで続くか »

2009年11月11日 (水)

見えている月がそこにはない 大気差の仕組み

夜空に輝く月が水平線や地平線に沈んでいくとき、月は本当はすでに地平線に沈んでいると言われたら、あなたは信じることができるでしょうか。

 夜空に輝く星の光は地球の大気で屈折しています。この屈折の度合いは天頂ではゼロですが、星の高さが低くなればなるほど大きくなります。そのため高度の低い星は実際に星がある位置よりも浮き上がって見えています。この現象を大気差といいます。

Photo

 空気の屈折率は1と説明することが多いのですが、非常に厚い大気の層では光は屈折して曲がってしまうのです。

 このずれは水平線(地平線)近くの星では角度にして約0.6度もあります。24時間で360度移動すると考えると、1度あたり移動するのにかかる時間は24×60/360 = 4 minです。

 見かけの月の直径は角度にすると約0.5度ですから、月は最下部が地平線にかかってから約2分で地平に沈むことになります。

 月と地球の距離は約38万4千キロメートルで、月で反射した光は約1.28秒で地球にやってきます。ですから、月がまさに地平線に沈むとき、月の実体はすでに地平線に沈んでいることになります。

 これは太陽でも同じことです。もっとも太陽の場合、太陽から地球までの距離が約1億5千万キロメートルで光がやってくるのに8分19秒かかりますので、大気差を持ち出すまでもなく、太陽は沈んでいることになります。

人気ブログランキングへ

|

« 海上に現れる蛤の化け物 蜃気楼の仕組み | トップページ | 鏡の中の世界はどこまで続くか »

光のおはなし」カテゴリの記事

屈折」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

自然現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255676/32177779

この記事へのトラックバック一覧です: 見えている月がそこにはない 大気差の仕組み:

« 海上に現れる蛤の化け物 蜃気楼の仕組み | トップページ | 鏡の中の世界はどこまで続くか »